ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

イラスト制作

糖尿病で入院中に描いたイラスト・006・キング・オブ・サッカーのトップ絵

とりあえず背景 とりあえず、背景付けてみた。 キャラが多いので、慎重に色を調整しないと上手くまとまらない。実は『キング・オブ・サッカー』の内容も、主人公の御剣 一馬がデッドエンド・ボーイズの個性的なメンバーに、手を焼かされるお話です。 倉崎 世…

糖尿病で入院中に描いたイラスト・005・キング・オブ・サッカーのトップ絵

デッドエンド・ボーイズ なんとか、基本カラー割りまで完成。毎回キャラ多くて、面倒くさいったらない。 倉崎 世叛が立ち上げたチームの名前は、『デッドエンド・ボーイズ』。みんな、なにかに行き詰ってる。 名前の由来の、『~ボーイズ』は、ニューウェル…

糖尿病で入院中に描いたイラスト・004・キング・オブ・サッカーのトップ絵

倉崎 世叛と御剣 一馬 倉崎 世叛と御剣 一馬の二人を、色をつけてみました。 一馬に着せようとイメージしていたユニホームは、オランダの名門・アヤックス・アムステルダムのものでした。アヤックスは、白地に真ん中が赤なんですよね。 でも、倉崎が創った一…

糖尿病で入院中に描いたイラスト・003・キング・オブ・サッカーのトップ絵

入院中に描いた下書き 糖尿病で入院中描いたイラスト、まとめてラノベ用のトップ絵にしてみました。 元は漫画として描こうと思った作品でしたが、ネームを集英社に持ち込んだら落とされてしまった。 その時は、いつも見てくれていた担当のH氏が夏休みかで、…

糖尿病で入院中に描いたイラスト・001・倉崎 世叛

糖尿病で入院中に描いたイラスト。 『キング・オブ・サッカー』より、倉崎 世叛。『この世から先生は要らなくなりました。』でも、出してるケド、元々はキング・オブ・サッカーのキャラだったりします。 モデルは、サッカー好きなら説明する必要すらない気も…

ラノベブログ・タイトル画像・        ある意味勇者の魔王征伐。003(完成)

やっと完成 『ある意味勇者の魔王討伐』の、ラノベトップイラスト完成です。 とにかく、キャラが多い。描くのも大きいサイズとそこまで変らないので、時間がかかってしまった。総レイヤー数・200超えですね。 主人公の青髪の少年、因幡 舞人を取り囲む二…

ラノベブログ・タイトル画像・        ある意味勇者の魔王征伐。002

ある意味勇者の魔王征伐 『ある意味勇者の魔王征伐』の、ラノベトップ用イラスト描いてみた・第二弾。 舞人とルーシェリアを中心に、パレアナやシャロリュークらが揃っている感じ。1980年代のRPGテイストも、入ってるかな? もう少し、手を加えるかも知…

シャロリューク・シュタインベルク制作過程001

赤毛の英雄 『ある意味勇者の魔王征伐』より。赤毛の英雄~シャロリューク・シュタインベルクを描いてみた。 ボクは、1980~90年代のRPGブームの中で育ったせいか、80年代RPGの影響はかなり受けているように思います。『ある意味勇者の魔王征伐』も…

ラノベブログ・タイトル画像・        ある意味勇者の魔王征伐001

ある意味勇者の魔王征伐 この作品は、けっこう前に描いた話になります。 ボクはファミコン時代のRPGブームの中で、RPGをやりまくって育った世代です。ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー、女神転生、ウィザードリィなど、名作ゲームはほぼやっ…

ラノベブログ・タイトル画像・        この世界から先生は要らなくなりました。003(完成)

この世界から先生は要らなくなりました。(完成) 『この世界から先生は要らなくなりました。』の、ラノベブログ用トップイラスト、完成です。 めっちゃ時間かかりました。もっと複雑な構図を、簡単(?)に描ける先生方はスゴイな。とりあえず、今連載中の…

ラノベブログ・タイトル画像・        この世界から先生は要らなくなりました。002

ユー・クリエイター・ドットコム 『この世界から先生は要らなくなりました。』の、ラノベブログ・トップ画像。なんとかここまできた。 今流行りの『教育系ユーチューバー』ですが、この作品の発想もそんな感じですね。描いたのは一昨年ですが、何となく途中…

ラノベブログ・タイトル画像・        この世界から先生は要らなくなりました。001

この世界から先生は要らなくなりました。 『この世界から先生は要らなくなりました。』の、ブログタイトル画像を描き始めて数日。やっとこのレベルまできました。 メンドクサイなんてもんじゃないな……まったく!誰だ、こんな構図にしたのは!? まず、ヒロイ…

ラノベブログ・タイトル画像・        萌え茶道部の文貴くん。004(完成)

水着でけってい けっきょく、水着を着せるで決定しました。『萌え茶道部の文貴くん。』ってタイトルと、合ってる気がする。 色的にも、紫・茶色・緑で統一感が出たような、そうでも無いような。絹絵は、古風な感じのスク水にしてみました。 『浅間 楓卯歌(…

ラノベブログ・タイトル画像・        萌え茶道部の文貴くん。003

やっぱ水着着せるか? う~ん。なんか、色塗ったら生々しくなった気がする。やっぱ、水着くらい着せるか? 線画の段階だと、問題ない気もしたんだがなあ。ストーリーも茶道部メインの、普通の部活モノ・ファンタジーだしね。 イラストの抹茶茶碗 イラスト中…

ラノベブログ・タイトル画像・        萌え茶道部の文貴くん。002

キャラの塗分け なんとか、キャラの塗分け完了……って、キャラ多い。 ボクはラノベも漫画も、登場人物をやたらとたくさん出します。ガンダムなどで育ったせいか、群像劇の方が好きなんですよね。 世界に二~三人のキャラしかいない感じで話を進められても、世…

ラノベブログ・タイトル画像・        萌え茶道部の文貴くん。001

線画とりあえず完成 『萌え茶道部の文貴くん。』の、ラノベトップ絵の線画完成かな。絹絵ちゃんと、双子姉妹が、抹茶茶碗で抹茶風呂に浸かってる感じ。三人を、『萌え茶』のフィギュアに見立ててる。 文貴と、奥の二人は普通の人間の大きさで、絹絵ちゃんた…

ラノベブログ・タイトル画像・        一千年間引き籠り男002

ラノベブログ ラノベブログのイラスト、やっと一枚完成。ホントは、第一章・第二章とか、章ごとにイラストを変えようかとも思ってたケド、どうも手間を考えると厳しそう。 とりあえず、現在連載中の五つのラノベの、五枚を描いてから、考えようかと思ってま…

ラノベブログ・タイトル画像・        一千年間引き籠り男001

一千年間引き籠り男 連載中の各ラノベブログに、専用のタイトル画像を付けようかと思い、描き始めたたものの……。やはり、とんでもなく時間がかかってしまう。 とにかく宇宙服、メンドクサイ。あと、デザインも難しい。 ボクは、ファーストガンダム直撃世代な…

因幡 舞人制作過程005

因幡 舞人 『ある意味勇者の魔王討伐』より。 因幡 舞人です。 なんとかこれで完成ですが、剣(ジェネティキャリパー)はまだ持たせてません。今後、追加するかも知れません。 ラノベブログ ブログで、ラノベを連載する企画は、ラノベブログという言葉を、世…

因幡 舞人制作過程005

因幡 舞人・完成間近 因幡 舞人のイラスト、完成間近ですね。 右手にジェネティキャリパーを持たせると、また時間がかかりそう。 彼も株や絵画投資に手を出し、せっかくクジに当たって手に入れた資産のほとんどを散財してしまいます。 (作者は株のみ手を出…

因幡 舞人制作過程004

因幡 舞人 舞人も、幸運にも大金を手にしたものの、使い道を誤り自分の愚かさを知る。 騙されて権利を買ってしまった、武器屋に眠る一本の剣が、彼の運命を変える。

因幡 舞人制作過程003

因幡 舞人の制作過程 多少、色を付けてみました。 赤毛の英雄に憧れる、純朴な少年の軌跡を描いた、『ある意味勇者の魔王討伐』ですが、搭乗人物の多い話となっています。 ボクは昔、ロードス島戦記も好きでした。 出渕先生の描くキャラは、どれも魅力的です…

因幡 舞人制作過程002

蒼き髪の少年、因幡 舞人・・・。 なんだか線画の状態だと、ベル・クラネルに似てるんスけど??? あ、あれ? ま、まあ多少違うか? 髪が青だから、だいじょうぶ。

因幡 舞人制作過程001

因幡 舞人001 『ある意味勇者の魔王討伐』より、因幡 舞人。 赤毛の英雄・シャロリューク=シュタインベルクに憧れる、蒼い髪の少年。 街の者から、ステューピット(間抜け)と呼ばれた少年が、英雄や魔王との出会いや、戦いを通じて成長していく物語。

リーセシル・リーフレア制作過程006

リーセシル・リーフレア・完成 繋いだ手に影を付けて完成です。(それだけ・・・スミマセン) これから、『ある意味勇者~』の他のキャラ絵も、描いていきたいと思ってます。

リーセシル・リーフレア制作過程005

リーセシル・リーフレアだよ・あとちょっと ある意味勇者の、魔王征伐に出てくる双子姉妹。 天然な姉のリーセシルと、メガネっ子でしっかりものの妹リーフレア。 あとちょっとで完成かな。 姉のリーセシルは天才肌の魔法のエキスパート。 対する、妹のリーフ…

リーセシル・リーフレア制作過程004

リーフレア&リーセシル・完成間近? ある意味勇者の魔王征伐に登場する、ハイエルフの双子姉妹です。 姉のリーセシルが、とある露店武器屋の一本の剣の前で、しゃがみ込むところから物語は始まります。 やっと、完成間近。いつまでかかってんだか。