ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~第13章・65話

帝国の覇王

 次元迷宮(ラビ・リンス)の、地上と地下を結ぶ要衝(ようしょう)に築かれた砦。
その最上階の1室で、美貌の女将軍は死んだ。

「アステ・リア。わたしはキミを……助けられなかった……」
 ミノ・テリオス将軍は、真っ赤なシーツに纏(まと)わり付いた、真っ白な髪の毛を握りしめる。

「シャロリュークさんに次いで、ミノ・アステ将軍まで……」
 床に叩き付けられたジェネティキャリパーに、突っ伏す舞人。

 想い人を失った、ミノ・テリオス将軍。
再びサタナトスの陰謀の犠牲者を、目の当たりにした舞人。
2人とも、言葉を失っていた。

 沈黙しているハズの部屋の大きく開いた窓から、遠くの歓声が聞える。
歓声は、丘の上にある闘技場から、海風に乗ってやって来ていた。

「わたしは、王の身を護らねばならない。王に、忠言をせねば……」
 将軍は立ち上がって、真っ赤なシーツをベッドに被せる。

「ミノ・アステ将軍が……あなたにとって、大事な人が死んだんですよ! よく冷静で……」
 感情に任せて言い寄った舞人も、ミノ・テリオス将軍の憤怒の顔に口を閉ざす。

「冷静で、いられるワケが無いだろう。だが、ここで我を失ったところで、彼女が喜ぶハズがない。アステ・リアと共に忠誠を誓た王を護るコトが、わたしの使命だ」

 将軍が、鏡の剣ジェイ・ナーズを振りかざした。
元々部屋にあった姿見とは別に、壁に大きな鏡が出現する。

「因幡 舞人。キミも、闘技場に来てくれ。恐らくアステ・リアを殺したヤツらも、王の命を狙っているハズだからな」
 鏡の中へと消える、ミノ・テリオス将軍。

「わ、わかりました。ボクは、戦争を止めに来たんだ。そのためにも、王には生きていて貰わないと」
 舞人も、鏡の世界へ足を踏み入れた。

 闘技場に集った観衆が、ミノ・リス王の登場で1段と大きな声を張り上げる。

「ミノ・リス王、バンザイ!」
「ミノ・リス王! ミノ・リス王!」
「最強の覇王、ミノ・リス王!」

 軍事国家に置いて、強き軍隊を率いて周辺諸国を蹂躙(じゅうりん)する王は、英雄であり尊敬を集める存在だった。
けれども、そうで無い国からやって来た3人の船長たちは、理解に苦しんでいる。

「アレが、ミノ・リス王かよ。もっと強そうなヤツを、想像してたんだがな。黄金のマントなんざ纏(まと)っちゃいるが、ショボくれたジイさんじゃねェか」
 豪華な観覧席で、少女たちをはべらせながらふんぞり返る、ティンギスが言った。

「滅多なコトを、言うモノでは無いぞ」
「ここが、どこだか判っているのか?」
「歓声にかき消されているから、イイものの」

「憲兵の耳にでも入れば……」
「全員処刑は、免れんのだぞ」
「偶然勝利を得たからと言って、調子に乗るな」

 ティンギスの周りに集った、イオ・シル、イオ・セル、イオ・ソルと、ハト・ファル、ハト・フィル、ハト・フェルが、主に釘を刺す。

「ヘイヘイ、わかったよ。確かにここで、王サマの悪口を言うモンじゃねェか」
 ドレッドヘアの船長は、小うるさい少女たちを数人、自分の両脇に抱き寄せた。

「ホントに、わかってんのかァ、お前」
「考えても見ろ。王がこれだけの観衆の前に、姿を見せてんだぜ」
 レプティスとタプソスも、軽率な友人を注意する。

「暗殺される危険も、顧(かえり)みずにってコトか……」
 観覧席から、丁度向かい合ったところに位置する、貴賓席の王を見るティンギス。

「イヤ、王は警戒心の強いお方だ」
「例え身内であろうと、近寄らせないホドにな」
「アレにおわす王は、幻影の魔法でのお姿よ」

 スラ・ビシャ、スラ・ビチャ、スラ・ビニャの、3人の少女たちが説明した。

「なんだよ、幻滅させんなァ……って、オオオ。メチャクチャ綺麗な女性が、いるぞ!」
 抱えていた少女たちを跳ね除け、身を乗り出すティンギス。
黄金のマントの王の隣には、白と黄金のドレスを着た王妃の姿もあった。

「あのお方はミノ・リス王の王妃、パルシィ・パエトリア様だ」
「美しさと知性を兼ね備えた、優雅なお方なのです」
「それにミノ・リス王が、唯一心を許す存在であらせられる」

 ロウ・ミシャ、ロウ・ミチャ、ロウ・ミニャが、頬を赤らめながら説明する。

「そっかァ。この島国にャ、美人が多いじゃねェか!」
 腕を組んで、再びふんぞり返るティンギス。

「ウチの漁村じゃ、男の比率が圧倒的に多いからな」
「この島で、嫁探しでもしてみるか」
 3人の船長たちは、自分たちの現実に引き戻されていた。

 前へ   目次   次へ 

キング・オブ・サッカー・第9章・EP019

リベロと呼ばれる男

 ボールを持っている、カイザさんへの圧力(プレス)。
選択が正しいか解らないケド、ボクはカイザさんに向かって走り出していた。

「フッ、オレに来るか。悪くない、決断だ」
 カイザさんも、そのままボクに向かってドリブルを続ける。

 だケド、それを続けてくれるか解らない状況だ。
カイザさんがパスに切り換え、右脚のアウトサイドでロングパスを出されたら、バルガさんに通ってしまう可能性が高い。

「こっちだ、カイザ!」
 ボランチのスッラさんが、少し下がってボールを要求した。

 ……マ、マズい。
このままじゃカイザさんの選択肢が、さらに増えてしまう。

「簡単に、やらせはしないさ」
 ボクが心配していると、雪峰さんがスッラさんに着いてくれた。

「だったら、オレが切り開いてやンぜ」
 ネロさんが、ボクたちの右サイドに向けて走り出す。
左サイドバックのトラヤさんと絡んで、得点機を生み出そうとしているのかも知れない。

「ココは、任せるであります」
 雪峰さんと並ぶもう1人のボランチの杜都さんが、ネロさんに身体を当てながら、カイザさんからのパスコースを消してくれていた。

 みんな、流石だ!
ボクは、1人で戦ってるんじゃない。
人前で喋れないせいで、ずっと1人だったケド、今はボクより優秀な仲間が居るんだ。

 ボクは、カイザさんとマッチアップした。
カイザさんもボクを抜き去る気らしく、サイドステップをしながらボールを足裏で転がしている。

「これで、お膳立ては揃った。2枚のボランチは中央を開け、キミさえ抜いてしまえばゴールまで障害は無い状況だ」
 カイザさんが、言った。

 センターバックとしては、小柄なカイザさん。
その分だけ、足元の技術(スキル)がある。
リベロと呼ばれるのも納得の攻撃的なドリブルで、ボクを左右に揺さぶった。

 だケド、紅華さんよりドリブルに切れがあるワケじゃない。
なんとか粘って、最低でもボールを出させないようにしないと……。
ボクは、紅華さんをスカウトに行ったときのコトを思い出しながら、必至に食らい付いた。

「なるホド、大したディフェンス力だ。キミたちの監督が、キミをウチのエースに張り付かせたのもうなずける。だが、キミはバルガのマークを外れた。監督の戦術変更か、独自の判断かは解らんがな」

 ボクの独断を、是とも非とも断定しないカイザさん。
不安になったボクに、1瞬の隙が生まれる。

「ここだ!」
 ボールを軸足に当て、ボクの体制を崩すカイザさん。
右にボールを持ち出すと、そのままロングボールを入れた。

「やっと、ボールが来やがったぜ!」
 ゴールに飢えた肉食獣(ストライカー)が、ペナルティエリア内で飛ぶ。

「ここは、身体を当ててブロックです!」
「競り合いで負けても、シュートには持って行かせない!」

 イタリア1部リーグでも活躍したバルガさんに、身体能力では劣るものの、ボクより背の高い柴芭さんと亜紗梨(あさり)さんもジャンプした。
ヘディングでは競り負けるものの、なんとかシュートには持って行かせないコトに成功する。

 バルガさんのヘディングは、マイナス方向に出された。

「カ、カズマ。マーク外しちゃ、ダメね!」
 ベンチから、セルディオス監督の声が飛ぶ。

「あ……」
 ボクがマークしていたハズのカイザさんは、もうボクの周りには居なかった。

「ナイスポストプレイだ、バルガ!」
 勢いよく落とされたボールに、カイザさんが走り込む。

「うわぁぁぁ!」
 海馬コーチが、メタボリックな身体を揺らしながら必至に前に出るが、カイザさんのシュートが股間を抜いた。

「よし、これで2点のリードだ」
 ズレたキャプテンマークを直しながら、高く指を突き上げるカイザさん。

 ペナルティエリアに入るかギリギリから放たれたシュートは、ボクたちデッドエンド・ボーイズの、ゴール中央に決まってしまった。

 前へ   目次   次へ 

一千年間引き篭もり男・第08章・55話

ノアの箱舟の定員

 異空間より現れた隕石が、真っ赤な火球となって地球の大気圏へと突入する。
やがて火球は、真っ黒な分厚い雲を突き抜け、放射能や化学物質で汚れた雨で満たされた海や、幾多の戦争で荒れ果てた大地に激突した。

「オオオ……な、なんと言うコトだ」
「これで地球も、お終いじゃな……」
 母なる地球に縋(すが)り続けた、僅かに残された人類が、嘆きの声と共に蒸発する。

「上(地表)は、どうなってるって言うんだよ!」
「汚染された濁流が、流れ込んで来ちまってるぞ」
「このままじゃ、アタイらも水没しちまう」

 シエラ、シリカ、シーヤの3姉妹が、セノーテの底である天井の地盤から流れ落ち始めた、汚水の瀧を見上げながら言った。
巨大なコンドルが生み出した異次元の空も、汚水の瀧によって綻(ほころ)びが生じている。

「ある意味では、恵みの雨ではあるケドね」
「汚水の水溜りにハマって、アイツら身動き取れなくなってやがる」
「だけど、ここが水没すんのも時間の問題だよ」

 マレナ、マイテ、マノラの3姉妹の駆るジャガー・グヘレーラーは、広大な地下空間の高台に防衛線を構築していたために、現状は水没を免(まぬが)れている。
けれども水位は急激に上昇し、空間は巨大な地底湖と化していた。

『みんな、聞いて。セノーテの人々の収容作業も、もう直ぐ終わりそうよ』
 その時、少女たちが首に巻いたコミュニケーションリングに、女性の声が響く。

「あ、トゥランさんメル」
「それは、良かったリン」
 セマル・グルで空間を飛ぶラビリアと、メリュ・ジーヌで水中を潜航するメイリンが、歓声を上げた。

『だけど、収容出来たのはごく1部の人たちだけなの。アフォロ・ヴェーナーがいくら巨大な機体と言えど、格納庫まで詰めても1000人も載せられないのよ』

「こ、このセノーテには、2万人以上の人間が暮らしているんだぞ」
「それが、たった1000人しか助けられないだって!?」
「それじゃあ他の人たちは、汚水に呑まれて死ぬしか無いってのかよ!」

 激高する、チピリの3人の娘たち。

『その通りよ。ノアの箱舟ですら、選ばれた人間しか助けられなかった。箱舟にも、定員はあるの。悪いけど、迷ってる時間は無いわ。子供や女性を中心に、わたしが選んだ人間たちだけを乗せて、アフォロ・ヴェーナーは宇宙に脱出する』

「そ、それが、1番大勢の人間の命を救える、方法だって言うんだな」
「格納庫まで埋まってんなら、アタシらが助かる術はないってコトか」
「仕方ねェ。覚悟を決めるぜ」

 マクイの3人の娘たちは、自分たちの命をかける決意をする。

『アフォロ・ヴェーナーは、地球と宇宙を往復するコトが可能なの。宇宙のテル・セー・ウス号に避難民を送り届けたら、必ず戻って来るわ』

 巨大なドッグからも顔を出す、アフォロ・ヴェーナーが潜航を開始した。
真珠色の巨大なイルカは、地下水路を抜けて黒い海水に満ちた大洋に浮上する。
やがて反重力システムを使って宙に浮かぶと、宇宙に向かって飛び立って行った。

「ブハアッ、なんとか助かったのですゥ」
 そのとき、汚水の地底湖の壁に空いた穴から、気の抜けた声と共に、サブスタンサーの集団が現れる。

「セ、セノン。無事だったんだな!」
 ハウメアの乗るクホオ・ネ・エヌウが、セノンのアシュピド・ケローネに駆け寄った。

「ハウメアも、無事でなによりですゥ。ところで、戦況はどうなってるですか?」
「こっちはセノーテの上に巣くってた巨人を、倒したんだケドよ」
「巨人を倒したのは、わたし……」

 真央の言葉に、ヴァルナが喰い付く。

「うっせ。アタシは、気絶してただけだよ。助けてくれて、感謝感謝」
「それより、戦況はどう?」
「ヴァルナ、テメェ!」

「アハハ、それが最悪なんだわ」
 乾いた笑い声と共に、ハウメアが答えた。

 前へ   目次   次へ 

ある意味勇者の魔王征伐~第13章・64話

慟哭(どうこく)のミノ・テリオス

「キ、キサマは、因幡 舞人だな……」
 鏡の世界から現世に舞い戻った、魔王ケイオス・ブラッド。

 ミノ・テリオス将軍の背中を狙った、刻影剣バクウ・プラナティスは、舞人の持つガラクタ剣(ジェネティキャリパー)によって阻まれていた。

「お前が、魔王ケイオス・ブラッド!?」
 様々なパーツがゴテゴテと張り付いた剣を構える、舞人。

 ケイダンこと、魔王ケイオス・ブラッドと、蒼き髪の勇者となった因幡 舞人。
2人が出会ったのは今回が初めてであり、互いに知り得る情報だけで互いを判断していた。

「魔王ケイオス・ブラッド。お前が、自らの流した血だまりに異次元への突破口を開き、わたしを狙ってくるコトは予期していた」
 重傷を負っていたミノ・ダリウス将軍が、魔王に話しかける。

「賢(さか)しいな。オレの行動を読み、因幡 舞人を呼び寄せていたのか?」
「フッ。その通りだよ、魔王。我が剣ジェイ・ナーズは、自身が生み出した鏡でなくとも、近くにある鏡や反射する物に、干渉ができるのだ」

「そうだ。ボクは、牢屋の鏡に映ったミノ・テリオス将軍に呼ばれて、ここにやって来たんだ」
 鏡を通って、次元迷宮に足を踏み入れた舞人。

「魔王ケイオス・ブラッド。お前が、シャロリュークさんを殺ったのか?」
 カーデリアから聞いた情報を、本人に確認した。

「そうだと言ったら、どうする?」
「容赦はしない……それだけだ!」
 舞人は、ジェネティキャリパーの身体強化の能力を開放し、魔王に突っ込む。

 ミノ・テリオス将軍の鏡の剣によって、かなりのダメージを負っていた魔王は、防戦を強いられた。
強化された身体能力で、一方的な攻撃を続ける舞人。

「その剣が、サタナトスの言っていたジェネティキャリパーか。本来の能力は失われているとは言え、大したモノだな」
 バフのかかった舞人の攻撃を、何とか防ぎ切るケイオス・ブラッド。

 けれども、魔王の傷ついた身体は疲弊し、限界を迎えつつあった。

「止むを得まい。ここは、引くとしよう」
 バクウ・プラナティスで、時空を切り裂くケイオス・ブラッド。

「逃がすワケが、無いだろッ!」
「己惚(うぬぼ)れるな!」
 突進する舞人に、魔王は裂けた時空の刃をお見舞いした。

「……クッ!!?」
 寸でで身体を後ろに折り曲げ、時空の刃(ディメンション・ブレード)をかわす、舞人。
時空の刃はそのまま後ろの壁に当たり、大きな時空の裂け目を生み出した。

「ヤツの気配が、遠ざかって行く。もはや、追いつけはすまい」
 ミノ・テリオス将軍が言った。

「わ、わかるんですか……」
「ヤツの身体には、小さな鏡の欠片が無数に埋め込まれた。近づけば、探知はできるさ」
 悔しさを隠せない舞人に、冷静に答える雷光の3将が筆頭。

「冷静なんですね。ボクは、アナタみたいには居られない……」
「わたしだって、キミと同じだよ。冷静さを、装(よそお)っているだけさ」

「え?」
 予想外の将軍の言葉に、我に返る舞人。

「わたしはキミに接触する前に、アステ・リアに接触を試みた。彼女が居るハズの部屋の、鏡にね」

「アステ・リア……ミノ・アステ将軍のコトですよね」
 舞人たちが闘技場で戦った、麗しの女将軍。
闘技場に詰めかけた男たちの、羨望(せんぼう)の眼差しを1身に浴びる、美貌の持ち主だった。

「昨日までの呼び名は、そうだ。名を失った彼女は、キミも知っての通りわたしの妻となり、副官となるハズだった。だが、彼女は部屋には居なかった……」

「ど、どうしてですか?」
「正確なコトは、部屋に行ってみないコトには解らない」
 血の滴(したた)るわき腹を抑えつつ、立ち上がるミノ・テリオス。

「だが部屋には、誰かと争った形跡があり、ベッドのシーツが血まみれで床に落ちていた……」
「……ま、まさか、サタナトスのヤツが!」
 肩を貸した舞人が、ハッとした顔をした。

「サタナトス……キミに警戒しろと、忠告されていた者の名だったね」
 将軍の鏡の剣が、新たな鏡を生み出す。
鏡を抜けた2人は、1瞬でミノ・テリオスとアステ・リアが、1夜を共にした部屋に辿り着いた。

「アステ……リア。やはり……キミは……」
 床に落ちていた真っ赤なシーツを拾い上げ、泣き崩れる将軍。

 ワイン色に凝固しつつあった血だまりには、真っ白な髪の毛が散らばっている。

「サ、サタナトス……キサマはぁあぁぁァァアッ―――――!!!」
 舞人は無意識に、ジェネティキャリパーをおもいきり床に叩きつけていた。

 前へ   目次   次へ 

キング・オブ・サッカー・第9章・EP018

迫られる決断

 どこまで行けるか分からないケド、ボクがボールを持ってるウチは、攻められるコトは無いんだ。
パスカットに成功したボクは、センターサークル付近からドルブルを開始する。

「させるかよッ!」
 まずはスッラさんが、ボクの進路を塞ごうとするが、1瞬だけボクの方が速く抜け出せた。

 フウ……ギリギリだったケド、なんとか抜け出せたな。
これで相手の危険地帯(バイタルエリア)に、入れ……ッ!?

「ガキが、舐めやがって。よくもオレに、恥をかかせてくれたな」
 右を向くと、そこにはネロさんの姿があった。
ネロさんは、斜め後ろからショルダーチャージをして、ボクの体勢を崩そうとする。

 ……グッ!!
なんとか踏ん張って、ボクはドリブルを続けた。
けれどもスピードが落ちて、ネロさんに周り込まれてしまう。

「なるホド。ファウルにならないくらいに身体を当てて、御剣くんのスピードを殺しドリブルを止めるとは、大したスキルです」
「ネロさんは、ファーストボランチとしての、理想的な選手と言えそうですね」

 バルガさんを警戒しながら、ネロさんの能力を評する、柴芭さんと亜紗梨(あさり )さん。

「へへッ。どうした、高校生。この程度で止まっちまうとは、まだ身体が出来てねェな」
 ネロさんが、トラッシュトークでボクを挑発した。

 でもボクって、そう言うので怒ったコト無いんだよね。
それにまだ、ボールを奪われたワケじゃない。

 ボクは、クライフターンで体の向きを変えてネロさんを外し、左サイドの紅華さんにボールを入れた。

「コ、コイツ、カイザみたいなマネを!」
 背中側を抜けるパスに、ネロさんは反応できない。
残るは……。

「今度は、渡さないぜ」
 やはりボクのパスは、紅華さんに渡る直前で、ハリアさんにカットされてしまった。

「クソッ、オレに入ればチャンスだったのに!」
 振り返って、ハリアさんからボールを奪おうとする紅華さん。

「プロの世界では、たらればを言っていては生き残って行けないぞ」
 守備のスペシャリストであるハリアさんだが、攻撃面はそれホド高く評価されてない。

「うっせえ。だったらお前から、ボールを奪ってやる!」
「キミみたいなセンスで勝負するタイプのドリブラーは、守備なんて大してできないだろう?」
「な、なんだと!」

 けれども紅華さんがボールを奪えるホド、ドリブルもキープ力も低くは無かった。

「こっちだ、ハリア!」
「おう!」
 カイザさんがフォローに入り、ボールを戻すハリアさん。

「お前に、自由にパスは出させねェ!」
 紅華さんが、カイザさんに圧力(プレッシャー)をかける。

「舐められた、モノだな」
 けれどもカイザさんは、華麗なキックフェイントで紅華さんをかわした。

「コ、コイツ、足元のテクニックもあるだと!?」
「これでもリベロなどと、呼ばれているからな。守備ラインを統率するだけが、オレの能力じゃ無いぜ」
 今度はカイザさんが、紅華さんの左サイドを抜けて攻撃参加する。

 右サイドバックのハリアさんは、カイザさんに替わって下がり、横一文字の守備ラインに加わった。

「さて、相手の10番だが……オレたちがまだ1点しか取れていないのも、あの10番が最初にバルガを抑え、次にスッラに着いたのが原因とも思えるな」

 ボクたちの左サイドでボールを奪ったカイザさんだケド、ナゼか左サイドを突破はせずに、中央に入って来る。

 こ、これって、さっきと同じシチュエーションだ!?

 相手のエースであるバルガさんを、密着マークすると言う監督の命令を無視して、ボールの出どころであるスッラさんに着いたボク。
だけどカイザさんがオーバーラップして、ゲームメイクをしてしまったら何の意味も無いんだ。

「さあ、どうする。そのままスッラに着くか、それともオレを止めに来るか?」
 カイザさんはあえて、ボクの方に近寄って来る。

 ペナルティエリアでは、ボクがマークするハズだったバルガさんを止めようと、柴芭さんと亜紗梨さんが必死に身体を張ってくれていた。

 ここは……勝負だッ!
ボクは、カイザさんを止める決断をした。

 前へ   目次   次へ