ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

この世界から先生は要らなくなりました。   第01章・第03話

f:id:eitihinomoto:20190817152737p:plain

電脳世界のシンデレラ

 汗ばんだワイシャツを不快に思いながら、ベンチに伏せっていると、線路がフェードアウトする暗闇に光が現れる。やがてそれは、ガタンゴトンっとけたたましい音と共に、ボクの前に流れ込んで来た。

「やれやれ、やっと来た……さて、帰るとするか」
 ベンチから腰を浮かした瞬間、目の前に止まったそれから暗いホームに光が漏れる。

「あ……」ボクは思わず声を上げた。
 両開きに開かれた扉の中に、押し込められた人の中に、見覚えのある少女が立っている。

「瀬堂 癒魅亜(せどう ゆみあ)……まるで、ネットの世界から抜け出して来たシンデレラだな」
 ユークリッドの高校・数学を担当する女子高生教師、瀬堂 癒魅亜の姿がそこにあった。

(実物を見るのは初めてだが、確かにアイツが言う通りメチャクチャ可愛いな)
 彼女は、緩いソバージュのかかった翡翠色のツインテールに、薄い紫色の澄んだ瞳をしていてた。
頭の古いボクには、それ等の色が、アニメやゲームのキャラクターのカラーにしか思えない。

 ボクは邪な妄想などおくびにも出さない様に心して、電車のテロップに足をかける。
すると、彼女の周りに男たちが群がっているのに気付いた。
「や、止めて下さい。離して!」妖精の様に可憐な声が叫んだ。

「いいじゃねえかよ、癒魅亜ちゃん? 自撮りくらいさせてくれたってよお?」
 周りを囲む男の一人が、スマホを片手にもう片方の手を、瀬堂 癒魅亜の肩にまわした。

「ほォ~ら、ロウ・アングル撮影!」男は、スマホを精一杯低い位置に構える。
「イヒヒヒ」「タッちゃん、よくやるなあ」「後で撮れた動画送ってくれよ」「OKジャン」
 顔や腕にタトゥーの入った男たちが周りを囲み、それ以外の乗客は見て見ぬ振りをしている。

「嫌ッ! こんな事して、タダで済むと思っているんですか。警察呼びますよ!」
 瀬堂 癒魅亜は、グレーに淡いピンク色のチャック柄のスカートを、必死に押さえつける。
彼女のスカートは、意外にも私立の有名女子高のものだった。

「ああん? オレっちは、自撮りしてるだけなんだぜェ? そこに偶々、癒魅亜ちゃんのスカートの中身が撮ったとしてだ。それは単なる偶然ってヤツだろ。なあ?」
「そうそう、偶然だぜ」「台風の時のニュースカメラだって、時々パンチラ写すもんな?」

 男に相づちを求められた取り巻きたちが、一斉に頷く。
「ぎゃははは、そうだろそうだろ」「偶然映っいまったんなら、仕方ねえ夜な夜な?」
「とーぜん、イヒヒヒヒ」男たちが、意味のない下品極まりない笑いに包まれた瞬間……。

 ボクの右手は、電車の扉が閉まる直前に、彼女の細い手首を握っていた。

「きゃあ!」瀬堂 癒魅亜は小さな悲鳴を上げ、ボクの懐へと転がり込む。

 閉まった扉の向こうでは、頭に血の登った男共が、動物園のサルのように何やら喚き散らしている様子が見られる。
けれどもそれらは、容赦無く暗闇の彼方へと運び去られて行った。

「やれやれ、こりゃアイツらに恨まれたかな? この駅よく使うから、仕返しとかされなきゃいいケド」
 ボクは、遠ざかっていく光を見ながら思った。

「あの……いつまで握ってるんですか。離して下さい」
 ボクの頭一つ分くらい下から、可愛らしい怒りの声がする。

「あ。ゴ、ゴメンゴメン!?」ボクは右手は、瞬時に彼女から離れた。
「一本遅くなっちゃうケド、まずかった?」「どうして、わたしを助けたんですか」
 ボクの質問に対する答えでは無かった。

「どうしてって。キミがガラの悪い連中に絡まれていたから……」
「……あんなヤツらに、わたしがひれ伏すとでも思っているんですか!」
 翡翠色の髪の下からは、膨れッ面が顔を覗かせている。

「いや、まあ随分と困ってる感じがしたから……余計なお世話だったかな?」
 ボクは、彼女の前髪に隠れた表情を見て驚いた。
「そう……よ。ど、どうして、余計な事を……する……」
 瀬堂 癒魅亜の薄紫色の瞳からは、大粒の涙が零れ落ちたいた。

「な、ななッ! 何も泣くコトは無いだろ……って、無理な話か。ついさっきまで、厳つい男共に囲まれてたんだ。随分と、怖かったんだろ?」
「な、泣いてません!? 恐くなんかありません!!」彼女は、口惜しさ一杯の泣き顔で叫んだ。

「……泣いてませんって言われても、おもいっきり泣いているんだがなぁ……?」
 目の前の少女はどう見ても、顔を真っ赤にして子供の様にガン泣きしていた。

「泣いてませんったら、泣いてません!! わたしは、強くなくちゃいけないんです!!」
 意外だった。動画で見る瀬堂 癒魅亜のイメージは、アニメかゲームのキャラクターみたいにどこか無機質で、感情を顕にして泣きじゃくるとは到底思えなかったのだ。

 ボクは彼女に、ポケットからハンカチを取り出して差し出した。
瀬堂 癒魅亜はそれを、散々迷った挙句受け取ると、うつむいて涙を拭く。

 けれども急に駆け出し、駅の改札へと続く階段を降りて行ってしまった。

「彼女、ここで降りて良かったのだろうか? ……まだ目的地の途中なんじゃ?」
 瀬堂 癒魅亜の駆け降りて行った階段に、ボクも向おうとすると、そこから駅員が何人か上って来てボクに詰め寄る。

 誰かが通報したらしく、ボクは彼女を取り囲んだガラの悪い一味と間違われたのだ。
結局ボクは、誤解を解くのに数十分の時間を要した。