ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

萌え茶道部の文貴くん。第二章・第三話

f:id:eitihinomoto:20190808162902p:plain

新入部員

 部室入ると、なにがあったか興味深々といった表情の橋元が、待ち構えていた。

「あっ、橋元先パイ、これからお世話になるッス! 自分は下っ端なので、何なりとお申し付けくださいっす!」田城 絹絵は、ペコリとお辞儀をする。
 橋元は返事もせず、渡辺の首根っこに腕を回して、部室の片隅に引っ張り込んだ。

「なっ、なっ、かなりの変った子だろ? 『設定中』って言うんだっけ? 自分や周りのコトを色々設定して、それを演じるヤツ?」
 橋元は小声で呟いたのだが、彼女とは同じ部屋にいるワケで、普通なら今の会話も聞こえるハズだ。

 だが田代 絹絵は、会話の内容など気にも留めていない様子で、渡辺の顔を見ていた。
(……な、なんだろ? あまり興味深げに、顔を見られ続けるのも精神的に厳しいな。ここは何時もの手で、お茶を濁すとしよう)

 渡辺は、三つ並んだスチールラックから、赤茶色の肌に小さな黒い斑点の入った抹茶茶椀を選ぶと、美少女フィギュアを取り出し『何時も』のように抹茶を点てた。
「なんで女の子の人形が、入ってたっスか?」「部長。このコにまで突っ込まれちゃ、おしまいだぜ?」

 橋元の指摘をスルーした渡辺は、菓子折りの箱から桜を模った和菓子を取り出し、銘々皿に乗せると、抹茶を揃えて絹絵の前に差し出した。

「わああ~キレイッス! おいしそうッス!」
 絹絵は椅子に腰掛けながらも、ぴょんぴょん飛び跳ねて喜んだ。
セーラー服の上に着ている、薄いベージュ色をしたスクールセーターの袖から、先っぽだけ出ている小さな指で、茶碗を持ち上げる。

「……あ、思ったより熱くないッス!」
「うん。抹茶や日本茶の玉露とかは、六十度くらいで出すのが基本だからね。あんまり熱いと、風味が逃げちゃうんだ」
「ご主人サマ、素晴らしいッス! お心遣い痛み居るッス!」
 絹絵はおいしそうに抹茶を飲み、和菓子を頬張った。

「ところで絹絵ちゃん。どうしてコイツは橋元先パイで、オレがご主人サマなんだい?」
 渡辺がそう切りだすと、橋元が小声でチャチャを入れてきた。
(……バカかお前、そこ聞くか普通? そ~ゆ~設定ってコトで流すのが、先パイの勤めだろうが?)

 いつに無く、真面目な表情で真っ当な意見を述べる橋元。だがそれは、単なる『悪戯心の好奇心』であることを、長年の付き合いから理解していた。

「ご主人サマは、命の恩人ッス! 一生付いていくッス!」
 (『命の恩人』? ……『一生付いていく』? ど、どういう意味なのだろう?)
 だが渡辺は、橋元が言うように『そう言う設定』なのだろうと思い直して、絹絵の前の席に座った。

「改めてだけど、絹絵ちゃん。オレは茶道部・部長の『渡辺 文貴』だ。ヨロシクね」
「こちらこそ、改めてよろしくお願いしますッス!」
 絹絵は、満面の笑みを浮かべて、再び深々とお辞儀をした。

「ま、短い付き合いになりそ~だケド、よ・りょ・し・く・な、シルキー」
 橋元はそう言いながら、絹絵のクセッ毛の頭をクシャクシャにした。
「おい、橋元。なんなんだ、『シルキー』って?」「な、なんなんスか~!?」

「……ホ、ホラ、アレだ。絹だから、シルク……で、シルキー? オレさ、あんまし和風過ぎる名前って好きじゃないんだわ」
 二人から問い詰められた橋元は、かなり照れながら答える。

 渡辺も絹絵も、冷めたい目線を向けた。
「……ああ。確かお前の許嫁も、超和風な名前だったしな~?」
「か、関係ね~って、そんなの! 大体、許嫁なんて親が勝手に決めた話でよお?」

「でも、お前が生徒会長で、彼女が副会長なワケだろ? 天下の生徒会長サマも、副会長サマに頭が上がらないんじゃな~。廃部中止の要望も、聞いてもらえそうにないな」
「だから、違げ~って……」

 二人で冗談っぽく言い争っていると、絹絵が突然立ち上がった。
「廃部になんてさせないッス!」
「……き、絹絵ちゃん……?」

「この田城 絹絵が入部したからには、ご主人さまの大事な茶道部を、必ず守ってみせるッス!」
 絹絵は椅子の上に立ち上がって熱く叫ぶと、何故だか高笑った。
「お、なんだかシルキー、燃えてんな~? いいぞ、いいぞ~!」

「絹絵ちゃん、危ないから椅子から降りて……! そんな短いスカートで暴れたら、見えちゃうだろ。橋元も、面白がってないで、止めろォ!」

 五月も終ろうとするこの日、伝統ある茶道部は『三人』となった。
無邪気にはしゃぐ絹絵の姿に、渡辺は少し表情を緩める。
 
「……先輩……か」部室の片隅に飾られた写真立てに目を落すと、僅かに微笑んだ。

 

次回・大須商店街

萌え茶道部の文貴くん。第二章・第四話 - ラノベブログDA王