ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

一千年間引き篭もり男・第07章・38話

f:id:eitihinomoto:20190804105805p:plain

もう1人の冷凍睡眠者(コールド・スリーパー)

「それじゃ、準備はできたかしら」
 クワトロテールの、アーキテクターが言った。

 彼女は名を、『トゥラン』と言い、全身が紫色とワインレッドの装甲に覆われ、背中には白い翼型のスラスターが生えている。
頭部から髪の毛上のパーツが4本伸び、その先端部分には小型のアーキテクターが内臓されていた。

「地球は、火星とは違って危険極まりない場所よ。貴女たちの、命の保証はできないわ」

「そ、それは……わかってます!」
 4人の少女たちの中から、まずセノンが答える。

「今までだって、ヤバい戦場を戦って来たんだ」
「覚悟は出来てる……」
「ウチらフォボスでも、パトロクロスでも、死にかけてたしね」

「そう。解ったわ。でも地球は、気候以外に政治情勢も危うい場所よ。くれぐれも、油断しないコトね」
「トゥランさんは、地球に行ったコトがあるんスか?」
 竹を割ったような性格の真央が、ストレートに質問する。

「まあね。と言うか、わたしは地球で生まれたのよ」
 トゥランの白い顔に輝く、エメラルド色の瞳は、開けられた格納庫から見える宇宙に向けられた。

「地球って、意外……」
「だよね。火星に大きく劣る技術しか持ってない地球が、よくトゥランさんみたいな高性能なアーキテクターを、創れたモノだよ?」

 疑問を浮かべる、ヴァルナとハウメア。
すると、トゥランの4本の髪の先端から、4人の少女型のアーキテクターが飛び出して来る。

「地球にも、『天才』って呼べる科学者はいたの」
「それにわたし達が作られたのは、ずっと昔……貴女たちが産声を上げる、遥か前よ」
 4人のウチ、ラサカと、ラサナと言うの名の、アーキテクターが答えた。

「それって、どれくらい前の話なんですか?」
 桜色とピンク色の可愛らしい宇宙服を着たセノンも、興味を持ったのか質問する。

「UF(ユニバーサル・フロンティア)暦の、200年辺りね」
「今がUF531年だから、300年以上も昔よ」
 今度は、ラサヤ、ラサラの2人が答えた。

「そうだったんですか」
「初耳だぜ。道理で、貫禄があるワケだ」
 納得する、セノンと真央。

「ま、それでもオレよりは、ずっと若いんだがな」
 少女や女性型アーキテクターの輪の中に、いきなり男の声が飛び込んで来た。

「プ、プリズナー!?」
「ヴァルナ、そんなに驚いちゃ失礼だって」
「ゴ、ゴメン……」

「ケッ、まあいいさ。厄介者扱いされんのは、ガキの頃から慣れてるんでな」
 男は、漆黒の宇宙服に身を包んでいて、アッシュブロンドの髪を掻き上げながら近づいて来る。
腕には、2つの顔の付いた不気味なヘルメットをぶら下げていた。

「プリズナー。子猫ちゃんたちが、怯えてるじゃない!」
「うっせ。それより、間抜けな爺さんを、助けに行くんだろ。さっさと、準備しやがれ」

「あ、あのォ……」
「なんだ?」
「プリズナーさんが、トゥランさんより年上って?」

「ああ、それがどうした。身近に、似たようなのが居ただろうが!」
 セノンに対し、ぶっきら棒に答えるプリズナー。
そのまま、自分のサブスタンサーであるバル・クォーダに、乗り込もうとする。

「ちょっと、酷い言いようね。仕方ない、答えはわたしが……」
「も、もしかして、プリズナーさんは……」
 トゥランの助け船を遮るように、セノンが言い放った。

「冷凍睡眠者(コールド・スリーパー)なんですか!?」

 プリズナーの、歩みが止まる。
MVSクロノ・カイロスの広大な格納庫(ハンガー)に、静寂が押し寄せた。

「ま、そんなところだ」
 男はそれだけ答えると、骸骨をデザインしたサブスタンサーの中へと吸い込まれる。

「ゴメンなんさいね、セノン。あまり、知られたくないみたいだから」
「は、はい。わたしこそ、詮索しちゃってゴメンなさい」

「ま、気になるところだケド、ここは艦長を探すのが優先でぜ」
「そう、まずは地球へ……」
「行こう、セノン」

 他の3人の少女たちは、自分用に新造されたサブスタンサーに、それぞれ乗り込んだ。

「……うん」
 栗毛のクワトロテールの少女も、好奇心を無理やりねじ伏せ、自分のサブスタンサーに乗り込む。

「待ってて、おじいいちゃん。今、助けに行くからね」
 少女と似た、クワトロテールで小柄なサブスタンサーは、アフォロ・ヴェーナーの内部格納庫へと入って行った。

 前へ   目次   次へ