ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

一千年間引き篭もり男・第08章・41話

セノンと3組の3姉妹

「シエラたちが、おじいちゃんたちと戦った相手も、時の魔女の配下だったんですね?」
 あどけない顔をした、栗色のクワトロテールの少女が言った。

「さっきから、気になってたんだけどさ、セノン」
「なんで、オヤジがおじいちゃんなんだ?」
「セノンと同じか、少し上くらいの見た目なのによ」

 シエラ、シリカ、シーヤの3姉妹が、別の疑問を聞き返す。

「見た目に騙されちゃ、ダメですよ。ああ見えて、1000歳ですからね。今生きてる人間で1番年上の、スーパーおじいちゃんなんです」
 腰に手を当て、自慢げに語るセノン。

「……時の魔女の配下ってのは、後から知ったんだ。戦ったときは、それどころじゃ無かったぞ」
「あのデカいカメみたいなヤツ、回転して竜巻を起こしたりしてさ」
「大ムカデを大量に沸かせたりして、とんでも無いヤツだったんだ」

 母親のチピリ同様に金髪ドレッドヘアの3姉妹は、本来の質問に答える。
けれども、セノンと同じクワトロテールに分けてあって、それ故か気が合っている様だった。

「シエラ、シリカ、シーヤも、おじいちゃんを助けに行くつもりなんですね?」
 格納庫に駐機してある、ジャガーの頭を持ったサブスタンサーを見上げる、セノン。
それは3姉妹らの乗機の、サブスタンサーであった。

「気合いが入ってるところ、悪いんだがよ」
「まず、どこに居るかわからない……」
「シエラたちも、宇宙斗艦長の居場所を聞きに、ここに来たんだからさ」

 セノンの友人である、真央、ヴァルナ、マケマケが忠言する。

「あッ、そっか。忘れてました」
 大きく開けた口の前で、手をパーのカタチに開くセノン。

「セノンって、かなり天然なんだ」
「ま、アタイらも、姉貴たちに迷惑かけてるしよ」
「他人に思えないトコ、あるよな」

「アンタらも、自覚はあったんだ」
「だったら、もう少しアタシらの言うコト、聞いて欲しいモノだね」
「いつも見境なく、突っ込んで行くんだからさ」

 セノンやシエラたちの話の輪に、セシル、セレネ、セリス・ムラクモの3姉妹が近寄って来た。
3人はダークブラウンの肌に紫色の瞳をしていて、 茶色とピンク色の長めの髪を編み込んで、クワトロテールにしている。

「あ、セシルたちだ」
「姉貴たちだって、直ぐにキレるだろ」
「いつもは、やる気ないクセにさ」

「うっせ、黙ってろ」
「1番上は、色々と大変なんだよ」
「まったく、可愛げの無い妹たちだぜ」

 文句を言いつつもセシルら3人は、シエラたち3人の妹たちを抱き寄せた。

「ところで、セシルたちは何しに来たんだ?」
「残念だケド、こっちは収穫無しだったよ」
「もしかして、オヤジの居場所がわかったのか?」

「そんなトコかね。オヤジの居場所までは、まだだケドよ」
「アタシらは、オヤジの知り合いのアーキテクターんトコに行ったんだ」
「オヤジの居場所を知る方法があるらしいんで、呼びに来たのさ」

「ホントですか!」
 真っ先に反応する、セノン。

「本当だろうよ。そのアーキテクターってのは、トゥランさんのコトだろうし」
「タブン、その方法ってのも……」
「MVSクロノ・カイロスに連絡を入れるって、コトじゃないかな」

 真央、ヴァルナ、ハウメアの3人が言った。

「よくわからないケド、話はそんな感じだったよ」
「マレナたちが、ドス・サントスじいさんのトコに、集まれってさ」
「アンタらも、来るんだろ?」

「ハイ、もちろん行きます」
 セノンの元気のイイ返事のあと、一行はドス・サントスの執務室へと向かう。

「あ、やっと来たよ。タイミング、イイっちゃイイのか」
「ちょうど今、オヤジたちが地球に降りるのに使った艦と、連絡が取れたところなんだ」
「その艦は、地球の衛星軌道上を周回している」

 マレナ、マイテ、マノラ・ムラクモが、状況を説明した。
3人は、黄色い肌にチョコレート色の瞳をしていて、編んだ黒髪をクワトロテールに分けて、4方向に垂らしている。

「きっと、テル・セー・ウス号のコトだぜ」
「アンティオペーたち、まだ居てくれてたんだ……」
「セノン、行くよ」

「おじいちゃん、どうか無事でいて下さい……」
 ハウメアに促(うなが)されたセノンは、ポツリと呟きながら執務室へと入って行った。

 前へ   目次   次へ