ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

一千年間引き篭もり男・第07章・36話

f:id:eitihinomoto:20190804105805p:plain

死とは……

 死を覚悟した、ボク。

 『死』とは……一体、なんなのだろう?
1000年もの間、冷凍睡眠されていたボクは、果たして生きていたのだろうか?

 ゲーの巨大な拳が、ボクに向って振り降ろされる。
地球を象徴する異形の女神は、もはやなにも考えていないように感じた。

「宇宙斗、艦長!」
 黒乃の声が、聞こえる。

 本物の、時澤 黒乃ではない。
容姿が似たミネルヴァさんの、若返った姿だ。


「キミは一足早く……そっちの世界に……」
 走馬灯のように、黒乃との山道を登りからの、鉱山へ降りた記憶が甦った。
死神も、それくらいの配慮はしてくれたらしい。

 それから身体が砕かれ、脳が激痛を感知した。
だが、それは一瞬で終結する。

 ボクの身体は、地球のかつて東京と呼ばれた地で、四散した。
生まれ育った街では無いが、ボクの生まれた国であるのに間違いない。

 日本と呼ばれた国は、跡形もなく消滅していたが、その地で死ねることは幸せだったのかも知れない。

 ~ボクが、死を迎えていた頃~

 MVSクロノ・カイロスの艦橋で、深淵の宇宙に煌めく星々を見つめる少女がいた。
少女はクワトロテールの栗色の髪をしていて、子供っぽい顔を曇らせていた。

「オイ、どうしたんだ、セノン。さっきから、ため息ばかりじゃないか」
 サファイアブルーの短髪に、ターコイズブルーの瞳をした少女が、背中から話しかける。

「マケマケ……別に、なんでも無いのですゥ」
「そっか。ならイイんだケドよ?」
 踵を返すマケマケの前に、2人の少女が立っていた。

「さっきからじゃない。ここんトコ、ずっと……」
「真央はやっぱ、鈍いよね。そ~いうのさ」
 呆れ顔の、2人の少女。

「な、なんだよ、ヴァルナ、ハウメア。アタシだって、セノンのため息の理由くらい、ちゃんと解ってんだぜ。宇宙斗艦長のコトが、心配なんだろ?」

「これは意外!」
「まさかガサツで短絡的なアンタが、理解してただなんて!?」

 水色のセミロングの髪に青緑色の瞳をしたヴァルナと、茶色いドレッドヘアに褐色の肌、太い眉にモスグリーンの瞳をしたハウメアが驚く。

「うっさい。失礼だな、オメーら。人を、なんだと思って……」
「確かに、宇宙斗艦長のコトは心配!」
「わたしら、艦長が助けてくれなかったら、死んじゃってたしね」

「話を逸らすな、話を!」
「アハハ、マケマケ必死過ぎィ!」
「うっせ、セノン!」

 3人のオペレーター娘は、セノンに笑顔が戻ったコトに安堵する。

「そう言えばお前、髪飾りを替えたんだな?」
「あ、これですか。実はおじいちゃんに、貰ったんですよ」
 セノンは、クワトロテールの1つに付けられたハート型の髪留めを、大事そうに撫でながら答えた。

「それ、鈍すぎ……」
「けっこー前から、替えてるよ。やっぱ真央は、真央だね」

「アレ、マジで。ゼンゼン気付かな……や、気付いてたし!」
 笑いが、少女たちの会話に花を添える。

「実はこれ、おじいちゃんを未来へ導いた女性(ひと)の、形見なんです」

「え、そうなのか!?」
「未来へ導いた、女の人……」
「それはまた、複雑な代物だねェ」

「出会って直ぐに、プレゼントされちゃいました」
 ニコッと笑う、セノン。
けれども何処か、陰りのある笑みだった。

「お前、やっぱ地球に行きたいのか?」
 真央が、問い掛ける。

「真央、なに言ってる?」
「クロノ・カイロスは動けないんだよ。マーズが支配する、火星に監視されてるからね」

「行きたい。わつぃが行っても、役立たずなのは解ってる。でも!」

「真央が、余計なコト言うから!」
「火に油そそいじゃったじゃない!」

 相変わらずの呆れ顔で、顔を見合わせるヴァルナとハウメア。

「仕方ないな……」
「アンタらだけじゃ、心配だしね」

「そ、それじゃあ、2人も!?」
 栗毛の少女の顔が、可愛らしい笑顔になった。

 前へ   目次   次へ