ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

キング・オブ・サッカー・第三章・EP003

f:id:eitihinomoto:20191113233812p:plain

神風

 ボクはそのままドルブルを続け、ゴールを目指す。

 もしかしたら黒浪さんは、チャイムでスタートの合図が聞こえなかった可能性はある。
でも、一瞬だけスタートが遅れただけで、後ろから追って来てる可能性もあったからだ。

「ま、ハンデとしちゃあ、いい距離だ」
 日焼けしたアスリートが、クラウチングスタートの体制のまま言った。
もちろんボクには、聞こえるハズも無い。

「黒狼が獲物を狩る恐ろしさを、見せてやるぜ!」
 黒浪 景季は、ボクが20メートルくらい進んだところでスタートを切る。

「ガアアアアァァーーーーーーーーーーーーオッ!!」
 後ろから、獣の雄叫びが聞こえた気がした。

 ……なんかヤバい。
とんでも無い圧力が、迫ってくる。
だけど後ろを振り返って、確認する余裕なんてなかった。

「どうだ。追いついてやったぜ!」
 60メートルくらい進んだ頃だろうか。
黒浪さんが、ついにボクの隣に並んだ。

「流石に驚いただだろ。クールな顔が、引きつってんぞ」
 人見知りなだけなんだケド、そんなコトはまあいっか。

 黒浪さん、ドリブルもちゃんと上手いし、高速なのに乱れてない。
茶褐色のハデなジャージの背中が、どんどん遠くなっていく。
このままじゃ、負けちゃう!

 でも……どうなのかな?
黒浪さんが入らなきゃ、ボクがレギュラーって可能性も……。

『ああ。歓迎するよ、一馬。お前がオレのチームの、最初のメンバーだ!』
 倉崎さんと最初に勝負をしたとき、言われた言葉。
どうしてこんな時に、思い出しちゃうのかな?

「へへ、もう終わりかよ。歯ごたえが無いぜ」

 やっぱ、負けたくない。
他のコトでならともくかく、サッカーで負けるのって悔しい。
でも、もうどうにも……その時だった。

「うおッ!?」
 強烈な一陣の風が、グランドに吹き荒れる。

「きゃああッ」「いやぁん」
「チョットなによ。この風ェ」
 風が、練習を終えたテニス部のスカートを、舞い上がらせる。

「ラッキー、パンツ丸る見え……って、ミスったぁ!?」
 黒浪さんのドリブルが乱れ、明らかにスピードが落ちた。

 今がチャンスだ!
ボクは、最後の力を振り絞って、黒浪さんに迫る。

「マ、マジィ、追いつかれちまう!」
 横道にそれた黒浪さんも慌てて復帰したが、隣に並ぶコトは出来た。

「も、もう一回、引き離してやるぜ!」
 けれども更にギアを上げ、加速する黒浪さん。
走ってみて解る、理不尽なまでのスピードだ。

「やん、風でタオルがぁ」
「スゲエ、水着が!」
 部室に入ろうとしていた水泳部のバスタオルが、空に飛ばされる。

「うわッ、ジャージが飛んでっちゃう」
「うおあ、またかよォ!」
 新体操部が羽織ったジャージが、天高く舞い上がった。

 風が吹くたびにドリブルが乱れる、黒浪さん。

 これって、神風ってヤツ?
春先の名古屋は、たまにやたらと強い風が吹く日が、あるんだよな。

「ヤッべ、また抜かれちまった!?」
 必死に追ってくる、黒浪さん。

 こんなチャンス、二度と無い。
……と言うか、次やったら普通に負ける!


「待て、待ちやがれェ!」
「待てるワケがない。ゴールはもう直ぐ……」
 ここでやっと、ボクは重大な問題点に気付いた。

 アレ、ゴールってどこだ?
部室棟の前までって言ってたケド、アバウト過ぎないか。
けれども、スピードを緩めるワケには行かなかった。

「ガアアアアァァァァーーーーーーーーーーオ!!」
 背後から、黒きオオカミが迫って来る。

 息は荒ぶり、視界すら狭まるくらいに必死に走った。
それは黒浪さんも同じだったようで、部室棟が目の前にあってもスピードが落ちない。

 マ、マズイ……このままじゃ、壁に……。
ボクたちは、同時に跳んだ。

『パリイイィィィィーーーーーーーンッ』

「きゃああああーーーーッ!?」
「うわ、うわ、なんなのォ!?」
「ぎゃああ、だ、男子がぁ!?」

 窓ガラスの割れた部室棟は、テニス部や新体操部、水泳部の悲鳴に包まれた。

 

 前へ   目次   次へ