ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~第5章・2話

調査報告

 夜が明け始めた頃、双子姉妹は疲労困ぱいで小領主の城に戻って来た。

 二人で軽くシャワーを浴び、妹の血を洗い流す。体だけ拭くと、裸のまま一つのベッドに潜り込んだ。
「リーフレア……ごめんね。痛かったでしょ?」
「いいえ、姉さま……。わたしの油断が原因です。足を引っ張ってしまい、申しワケございません」
 姉妹は、自分たちに用意された部屋のベッドの中で、お互いの温もりを確かめ合った。

「リーフレアの心臓の鼓動が聞こえる……。良かったぁ……ちゃんと動いてる」
 姉は妹が生きていることを実感し、心の底から安堵する。
「お姉ちゃんの体、ポカポカしててあったか~い~♪」
 普段とは口調の違う妹に、少しだけ戸惑う姉。

「いつもは『お澄ましさん』なクセに、甘えん坊なんだから」
「いいのォ! 誰も見て無いんだから。今日はホントに怖かったんだモン!」
「ゴメンね。もう二度と、あんな目には合わせないから……」「うん」

 頭まで潜り込んだベッドの中で、姉妹は今日の出来事を思い出す。
「……舞人くんが居なかったら、二人とも危なかったよ。感謝……しなくちゃね」
「はい。わたしの命の恩人です」妹は、普段の澄ました口調に戻っていた。

「そう言えば『消えた魔王の謎』も、『謎の少年剣士』も、舞人くんのお陰であっさり解決だね?」
「ですね。謎の剣士は、舞人さんのコトでしたし、消えた魔王の謎も、舞人さんの剣で魔王が少女に変えられた……ってコトですよね?」

「そっか、全て解決かあ?」「あ、でも、今回の報告がまだすよ、姉さま?」
「う~ん。それ、起きてからにしようよ? 今日は疲れたからもう寝る!」
「……ですね~。明日に……しましょう……」 
 そして姉妹は、五日五晩の長い眠り就く。 
 

 五日後、二人は一糸纏わなない姿のまま目覚めると、部屋には二人の女性がいた。
「……あれ、カーデリア……? どうしてここに……?」
「そ、それに、プリムラーナ・シャトレーゼ様まで!」
 双子は自分たちが全裸であることに気付くと、はしたない姿をシーツで覆った。

「別にいいわよ、隠さなくても?」
「この部屋には、我々しか居ないのだ。それより、五日ぶりのお目覚めだね?」
「へ? 五日ぶりって?」「ま、まさかわたしたち……五日間も寝ちゃってましたぁ!?」

 双子姉妹は、自分たちが『五日五晩も眠り続けてしまった事実』を知った。
「うわああ、ゴメ~ン!」
「色々、報告しなきゃ行けないことがあるにも関わらず……申し訳ありません!」
双子姉妹は、ペコペコと頭を下げる。

「……いや。五日前の街での惨事、情報の収集に手間取ってしまい、キミたちへの救援が遅れてしまった。済まない、許して欲しい」
 青い鎧に銀色のマントを纏った、金髪の女将軍は潔くこうべを垂れた。

「そんな……! 顔をお上げ下さい、プリムラーナ様!」「そ、そうだよ~」
 双子姉妹は恐縮して、可憐なる女将軍に頭を上げるよう乞う。
「ホントに謝罪が必要なのは、クーレマンスのアホよ! 飲んだくれて、ベロンベロンで身動きが取れない状態だったんだから!」

 いつも以上に、機嫌が悪いカーデリア。
「ところで、カーデリアはなんで居るの? シャロと一緒に王都に向ったんじゃないの?」
 リーセシルの質問に、パッションピンクの髪が逆立つカーデリア。
「置いてけぼりに・さ・れ・た・の・よ! 全くシャロのヤツゥ~!」

「そ、それより、二人の報告を聞こうか?」「そ、そうね。どう? 何か掴めた?」
「掴めたと言うより……」「全部判明しました」
「なッ……何と! あの短い時間でか?」「アンタたち、探偵も出来そうね?」

 双子姉妹は服を着ると、カーデリアとプリムラーナ将軍に、これまでの経緯を話した。
「信じられん……。まさか、その様に不可思議なコトが……」
「……魔王や死霊の王が、『女の子』になっちゃうだなんて、あり得ない!」

「しかし、事実なのです。わたしも姉さまも、この目ではっきりと見ました」
「リーフレアは瀕死の重症だったケドね。でも、その少年に救われたの」
 
 すると、オレンジ色の鎧に黒いマントを纏ったグラーク将軍と、ニャ・ヤーゴ小領主が、報告の行われている『小領主の間』に姿を現す。
「双子の司祭も目覚められたのだな?」「……して、何か成果はあったかな?」
女性陣一同は、男性二人に内容を伝えた。

「ふむ。かなり奇妙な話ではあるが、司祭の姉妹が言われるのなら、真実であろう」
「どうなされますかな、グラーク公? 早馬にて王都に報告を?」
「いや、待たれよ。プリムラーナ公。事の真相を確かめるのが先では無いか? その少年に直接会って、事情を聞くのが先決だろう?」

「確かに。して、リーセシルにリーフレア。少年の居場所は掴んでいるのか?」
 可憐な仕種で自慢の金髪をかき上げた女将軍は、双子姉妹に問いかける。
「えっと……五日前は疲れてて、あんまり舞人くんのことは聞かなかったんですぅ!」
「……ですが、自らを『因幡 舞人』と名乗っておりました」

 双子の妹の方の言葉に、小領主が反応する。
「因幡 舞人』と申されましたか! そんな……まさか彼が……?」
「その者をご存知なのですか、ホアキン殿?」

 麗しいプリムラーナ将軍の質問に、小領主は顔を赤らめながら答える。
「え、ええ……。この街の人間からは『ステューピット(=間抜け)』などと呼ばれ、からかわれておりました。戦災孤児で、確か街の外れの教会で養われていたかと……?」

「なる程。なれば、早速教会に……」
「ですが彼は、一ヶ月ほど前から街を離れております」「……となると、再び舞い戻ったのでしょう」
「どちらにせよ、街外れの教会に行ってみる必要があるな。あわよくば、本人が帰っているやも知れん」

 グラーク・ユハネスバーグの言葉に、皆が賛同した。
「……では、お礼も兼ねて」「わたたち姉妹が……」「ならば、わたしも共に行こう」
 教会へは、双子姉妹とプリムラーナ女将軍がおもむく事となった。 

 

次回・二人の少女騎士

ある意味勇者の魔王征伐~第5章・3話 - ラノベブログDA王