ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

一千年間引き篭もり男・第04章・02話

f:id:eitihinomoto:20190804105805p:plain

ギリシャとトロイア

「この艦の戦闘能力は、火星のトップ企業の十二個艦隊に相当するワケだな」

『マルステクター社は六個艦隊、保持しております』
「例え全艦隊を終結させたとしても、このMVSクロノ・カイロスを沈められないってコトか?」
 ヤレヤレ、随分と厄介な艦を手に入れてしまったものだ。

「ボクとしては、セノンやクーリア、真央たちをハルモニア女学院に返してあげたいんだが……」
「オレもそれを望むぜ。クライアントが、首を長くして待ってるんでな」
 プリズナーもカルデシア財団から、クーヴァルヴァリア救出を依頼されてる。

「ちなみにこの艦の、ステルス性能はどうなんだ? フォボスにあれだけ近づけたんだから、かなり高いと思っていいのか?」
『艦長を捕獲する任務での時点では、まだフォボスは何の警戒もされておりませんでした』

 なんだか周りくどい言い方をするな、ベルは。
「プラント事故を装って、クーリアを誘拐さたのが発覚したから、現在は警戒レベルが上がっているってコトでいいのか?」

『その可能性が高いと思われます。MVSクロノ・カイロスは、かなりのステルス性能を誇りますが、これだけ巨大な艦を物理的に消せるワケではありませんので……』
 どうやら、MVS……マルチバース・シップの名称は、肩書き倒れのようだ。

「ハルモニア女学院かカルデシア財団に、直接コンタクトを取ることは可能なのか?」
『火星から木星までは、約五億五千万キロあります』

「うわあ。光のスピードで、三十分もかかるってコトかあ?」
 セノンにマケマケの名を頂戴した、真央=ケイトハルト・マッケンジーが言った。
「それじゃダメなの?」「ダメに決まってるだろ、セノン!」

「こちらで喋った言葉が、向こうの耳に届くのが三十分後じゃ会話にならないだろ」
 ボクが真央の替わりに説明した。
「な、なるホドなのですゥ!」

『艦長に提案なのですが、まずはこの宇宙の人類の営みを、実際にその目で見てはいかがかと?』
 カプセルの中の誰かが映し出す、幻影に過ぎないベルダンディが言った。
「そうだな、ベル。ボクは、この時代について、あまりに多くのコトを知らない」

「面倒臭ェこと言ってんじゃねえぞ。こっちは……」
『艦長命令は絶対です、プリズナー。命令違反は、生命の抹消を……』
「ま、まあ、待ってくれよ二人とも」

 ナゼか艦長のボクが、二人の間を仲裁する。
「この辺りで、一番近い人類の国か企業はどこなんだ?」
『パシファエ木星開発機構の、資源採掘工場がパシファエ群の各衛星にございます』

「パシファエ群は、木星の自転と逆に回転してる衛星たち。たぶん、小天体が木星の重力に捕まって衛星になった」
 水色のセミロングの髪の少女が言った。

 彼女の名は、ヴァルナ・アパーム・ナパートで、艦内にある街の学校では水泳部という設定だった。
「そこに、新たな人工の巨大衛星を浮かべて中心都市とし、衛星企業群を作った」

「でも、人口は千人いるかどうかってトコでしょ。ヘリウムの採掘はほぼ無人で行われてるし、整備員や技術者とその家族みたいな?」
 茶色いドレッドヘアの少女、ハウメア・カナロアアクアが反論する。

 二人は、フォボスのプラント事故で大ケガを負いながらも、この艦の医療設備によって回復し、今は艦のブリッジのオペレーター要員となっている。

「他には無いの、ベル?」
『大きなものですと、トロイア・クランがございます。木星の公転軌道上、トロヤ群に巨大企業国家を形成しており、軍事企業でもあるため多数の艦隊も所持しております』

「なんだか物騒な企業だな」
『実際にその通りです。現在、アキレスを主星とするギリシャ群のグリーク・インフレイムと、パトロクロスを主星とするトロヤ群のトロイア・クラッシックとの間で、戦争が勃発しております』

 ベルダンディは、表情も変えずに淡々と説明してくれた。

 

 前へ   目次   次へ