ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~第10章・13話

f:id:eitihinomoto:20190914042011p:plain

オアシスの激戦~4

「……あ……ああ……」
 砂の上に立った、美しい少女の石像。
その表面が剥がれ落ち、下から綺麗な白い肌が露出した。

「……うう……ぐ」
 やがてそれは石像全体に及び、中からパッションピンクの髪をした少女が現れる。

「ァア……アタシ……一体どうし……て?」
 少女が自分の腕を見ると、ポロポロと剥がれた石の欠片が、汗で纏わり付いていた。

「カーデリア、呪いが解けたのじゃな」
「よ、よかったですな」
 ルーシェリアは素直に喜んでいるが、イヴァンは背中を向けている。

「リザードマンのコたちは、どうしたの?」
「それなら周りに首だけとなって転がってはおるが、見るで無いぞ!」
「そうだった、そうだった。また石にされるトコだったわ」

「それよりカーリー。言い辛いのじゃが……」
「なあに、シェリー。シャロと戦ってる、魔王のコト?」
「イヤ、お主の服のコトじゃよ。どうやら再生されたのは、お主と弓のみの様じゃ」

「へ……?」
 カーデリアが真下を向くと、小さな胸と何も身に付けていない下半身が目に飛び込んで来た。

「きゃああっ!」
 少女は、膝を抱えてしゃがみ込む。

「イ、イヴァンさん、あっち向いて!」
「す、既に向いてるであります!」
 カーデリアは、騎士団長が背中を向けていた理由を理解した。

「お、お前たち。これを……」
「はい、父上」
 イヴァンはマントを脱いで3人の娘たちに渡すと、マントはカーデリアの元に運ばれる。

「有難う、イヴァンさん」
 一糸纏わぬ少女は、慌ててマントで全身を覆った。

「い、いえ。それより此奴(こやつ)ら、頭だけとなってもまだ生きておりますぞ」
「身体の方も、ジタバタ動いておる。大した生命力じゃな」
「まるで、トカゲみたいね」

 砂漠に散らばった、蛇の髪をした少女たちの身体。
その斬り口からは、ドス黒い緑色の血が流れ出る。

「それより、赤毛の英雄と魔王との戦いは、まだ決着しておらぬ様じゃ」
「そうね。早くトドメを刺して、シャロに加勢しないと……」
 砂丘の向こうでは、ケイオス・ブラッドとシャロリュークの戦いが続けられていた。

「悪いんだケドさあ。キミたちを、アイツの元へ行かせるワケには行かないんだ」
 オアシスに、いきなり少年の声が響く。

「この声……サタナトスかえ!?」
 慌てて剣を構える、ルーシェリア。
手には、因幡舞人武器屋の倉庫にあった、魔眼剣『エギドゥ・メドゥーサス』が握られていた。

「あそこよ、岩の上!」
 カーデリアが指差した方向には小さな岩山があって、その上に金髪の少年が座っている。

「キミたち、ボクの姉妹たちに随分と酷いコトをしてくれるじゃないか」
「姉妹……じゃと?」
「コイツらは、ボクと同じ教会で育った姉妹たちなんだ」

「この化け物たちが……アンタの姉妹ですって!?」
「酷い言われようだね。キミたちが首を刎ね飛ばした彼女たちも、元は人間なのさ。ジル、ミリィ、シア、セリア、サティと言ってね。ボクやアズリーサと同じ孤児だよ」

「コ、コイツ、自分から情報を……」
「キミたちが、ボクのコトを嗅ぎまわっていたのは知っていたさ。人の過去を詮索するなんて、趣味の悪いコトをするじゃないか」

「それではこの者たちは、ただの村娘であると?」
「でも、おかしいわよ。人数が合わないわ」
 散らばっていた頭の数は、明らかに5人より多い。

「まあ色々とあってね。セリアとサティが2人ずつ、ジルとミリィとシアが3人ずつに別れたんだが……キミらにとっては、どうでもいい情報かな」

「この者たちは、お主が化け物にしたのじゃな?」
「イヤ、アズリーサさ」
 金髪の少年は、普段とは違う剣を抜いた。

 5人の少女はかつて、オアシスに生息していたリザードマンによって引き裂かれて殺され、アズリーサの力でリザードマンと融合して復活する。
その奇跡の復活劇の中で、少女たちは13人に増えていた。

「でも、ただのリザードマンの亜種に過ぎなかった彼女たちに、ゴルゴンの力を与えてやったのはこのボクなんだケドね」
 サタナトスは、剣を天高く掲げる。

「シェ、シェリー。あの剣って!?」
 カーデリアは、ルーシェリアの手にした剣を確認した。

「ア、アレは、妾の魔眼剣『エギドゥ・メドゥーサス』なのじゃ!!」
 金髪の少年の剣は、ルーシェリアの物と同じ形をしている。

「いいや、違うよ。この剣は、魔眼剣『エギドゥ・エウリュアレース』」
 剣からは黒いオーラが放たれ、それが斃れていた少女たちの身体に纏わり付く。
「キミの剣とは、姉妹に当たる剣さ」

「リ、リザードマンの、少女たちの身体が!?」
「くっついて、元に戻って行くわ!?」

 サタナトスの周囲に再び、13人の少女たちが復活した。

 

 前へ   目次   次へ