ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~外伝・13話

f:id:eitihinomoto:20190914042011p:plain

砂嵐

 砂は舞い上がり、巨大なカーテンとなって全方位を覆う。

「こりゃ完全に、砂嵐ですぜ」
「位置が解らなくなって、砂漠で遭難する恐れがありやす」
 剣や槍で武装した、やせ細った兵士たちが隊長に進言した。

「心配せずとも、既に礫の砂漠だ。オオカミの骨が、あちこち転がってやがる」
 蜃気楼の剣士は、それが村長から聞いた話の通りであるコトに、ため息を付く。

「こ、これだけの数のオオカミを……」
「サタナトスってガキが、たった1人でやったんですかい」
 キャス・ギアより派遣された兵士たちは、少年の痕跡に驚愕した。

「この先が、オアシスなのであろう?」
 ムハー・アブデル・ラディオは、自身の剣を持たせている少年に問いかける。
虚ろな目をした少年は、コクリと小さく頷いた。

「まったくラディオさまが、質問されておられるのに……」
「愛想の無いガキだぜ」
 それでも少年は口も開かず、ただひたすらに剣を運んでいる。

「お前、名を何と言う?」
「……ケイダン」
「そうか、良き名だ」

 ラディオには、少年が辛い目に遭って来たコトは、容易に想像ができた。
けれどもそれ以上は聞かず、目的地へと歩みを進める。

 砂嵐は視界をほとんど遮り、近くであるハズのオアシスすらも隠してしまった。

「凄い砂嵐だわ。周りの様子が、殆ど見えない」
 オアシスにて兄の帰りを待つアズリーサも、同様の現象に悩んでいる。

「この砂嵐じゃ、兄さんも遅くなりそうね」
「ねえ、アズリーサ」
「誰かこっちに来るよォ?」

「え、アナタたち、解かるの。兄さんかしら?」
「タブン違うと思う」
「それに、一人じゃないみたい」

 アズリーサによって、砂漠棲のリザードマンと融合し甦った少女たち。
彼女たちは、砂嵐の中でも僅かな視力を発揮した。

「砂嵐を避けたいだけの、冒険者って可能性もあるケド……嫌な予感がするわ」
 アズリーサは、13人の少女たちに指示する。

「アナタたち、オアシスの泉の中に潜って。合図するまで、出てきちゃダメよ」
「わ、わかった」
「アズリーサも、隠れた方がいいよ」

「そうね、解ったわ」
 アズリーサも、木陰に身を潜めて様子を伺う。
辺りには低木しか生えておらず、オアシスの面積もそこまで大きくは無かった。

「ここじゃ簡単に、見つかっちゃうわね。かと言って、あのコたちみたいに長く潜ってられないし」
 すると砂のカーテンの中から、大勢の人間が姿を現す。

「ホ、ホントに、オアシスがありやしたぜ」
「緑に覆われて、果物まで実ってます」
「水だって、たんまりとあるぜ。魚も泳いでやがる」

 飢えに苦しんでいた兵士や村人たちにとって、オアシスの光景はまさに楽園だった。

「お前たち、警戒は怠るなよ」
 ケイダンから剣だけを受け取ったラディオが、臨戦態勢を取りながらオアシスの様子を伺う。

「ここは、砂漠棲のリザードマンたちの縄張りらしいが、どうやら気配は感じられねえな」

「子供たちの話じゃ、オアシスのリザードマンは」
「サタナトスが倒したって……なあ?」
 村長の付き添いとして来た村人が、ケイダンに質問を振った。

 けれども少年は、俯いたまま答えない。
それはマルクが付いた嘘であり、真実では無かったからだ。

「ムッ、そこに誰か居るのか?」
 微かな気配を察したラディオが、木陰に剣先を向ける。

「……アズリーサ?」
 少年が、ポロリと呟いた。
すると低木の影から、蒼い髪の少女が姿を現す。

「この娘が、件(くだん)の娘か?」
「へい。ウチの村の教会で、孤児として食わせてやっていた……」
「アズリーサに、間違いありやせん」

「兄の方の姿が、見えんようだが」
 ラディオの言葉に、アズリーサの顔が強張った。

「おい、ラディオさまが質問されているのだ」
「サタナトスはどこだ。さっさと答えないか!」
 村に暮していた時と同じ、高圧的な態度の2人の村人。

「兄はここには居ません。逃げました」
「逃げただとォ。アイツがお前を捨てて、逃げるハズがなかろう」

「ケイダン……無事だったのね」
 村人たちの怒声を無視し、幼馴染みの少年に語りかけるアズリーサ。

「マルクやキノたちも、元気よね。ね、そうでしょ?」

 けれども少年は、唇を深く噛み俯くだけだった。

 

 前へ   目次   次へ