ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

一千年間引き篭もり男・第08章・61話

次なる太陽へと……

 濃いグレーの分厚い雲から、絶え間なく降り続く黒い雨。
放射能まみれの黒い海は逆巻き、空から隕石が降り注いでいる。

「まるで冥王代にでも、戻ったみたいだ……」
 自分の心臓から吹き上がった鮮血を浴びながら、微睡(まどろ)む意識の中で思った。

「ケツァルコアトルよ、儀式は果たされた」
「我らは次の時代の、種となり土となろう」
「さあ、共に悦楽を貪(むさぼ)ろうぞ」

 ボクの血で、身体を真っ赤に染めたショチケ、マクイ、チピリが、纏(まと)っていたナワ族の民族衣装を脱ぎ捨てる。
まだ幼さの残った身体を、ボクの身体に擦りつける3人の少女たち。

「ボクは……ああ、そうだな。またお前たちと、1つに……」

 脳裏から地球の光景は消え、闇が全てを蔽(おお)い尽くした。
妖しい太鼓の音と共に煙が揺らぎ、刺激的な香りが鼻を突く。

「我らが父、トラロックの太陽は地に堕ちた」
「今、次なる太陽が登ろうとしている」
「新たなる、太陽の名は……」

 ボクの意識は、ショチケ、マクイ、チピリの3姉妹の身体と1つに重なり、絶頂に達した。

 ~その頃~

「クッソ、どうなってやがる。艦長を探しに宇宙に出たはイイが、いきなり敵の大群に遭遇しちまうとはなッ!」
 水晶の髑髏(ドクロ)の頭部を持ったサブスタンサーが、敵に囲まれている。

「あのデカいコンドルの生み出した異次元の空が、都合良く水に潜んだ白い髪のヤツの次元へと、繋がっていると考えたのが浅はかだったぜ」

 両腕の戦斧で、ダイス型の敵を切り裂くプリズナー。
彼のサブスタンサーを囲んでいたのは、火星を襲ったQ・vic(キュー・ビック)と名づけられた立方体だった。

「コイツが居やがるってコトは、カルデシア財団のご令嬢もここに来ているのか?」
 水晶の頭部で辺りを確認するが、巨大な敵影は見当たらない。

「コイツらは、時の魔女の尖兵ってところか。ココは、時の魔女に関わる宙域かも知れねェな」
 テスカトリポカ・バル・クォーダは、Q・vicの攻撃をあしらいながら、自身の位置を確認した。

「冥王星の公転軌道付近であるのは、間違い無い。太陽からの距離が、30から50AUくらいの円盤の何処かだが……流石に大雑把(おおざっぱ)過ぎるな」

 1AUとは、光速でも8分もかかる太陽と地球との距離であり、その30倍から50倍の半径を持つ円の何処かであっても、あまりに広大過ぎる。

「よう。お困りのようだな、プリズナー」
 その時、彼の髑髏型のコミュニケーションリングに、聞き覚えのある声が響いた。

「な、なんだ。誰か居るのか!?」
 改めて周囲を確認する、テスカトリポカ・バル・クォーダ。

「オイオイ。オメーを宇宙に逃がしてやった恩人を、忘れちまったのか?」

「そ、その声……まさか……」
 声の出処(でどころ)は、直ぐに見つかった。

 水晶の髑髏の視線の先に立つ、ターコイズブルーの戦士の姿をしたサブスタンサー。
ハチドリの顔に羽の冠(かんむり)、槍と5つの房の付いた盾で武装している。

「オ、オメー……まさか、ギムレットか?」
 かつての少年兵は、かつての戦友の名を叫んだ。

「久しいな、ボウズ。イヤ、戦火の時代からの、冷凍睡眠者(コールド・スリーパー)」
 しゃがれた声が、語りかける。

「まさか、こんな太陽系の田舎で再会するなんてな。テメー、死んだんじゃなかったのか?」
 群雲 宇宙斗から、ギムレットはゲーによって死んだと聞かされていた。

「ああ。このオレとしたコトが、ドジ踏んじまってな。ゲーの野郎に踏み潰されて、ゴキブリみてェにペシャンコだ」

「ギャッハハ。テメーらしい、最期だな。で、どうやってこの世に、舞い戻った?」
 自分は死んだと語る者に対して、聞き返すプリズナー。

「グチャっと潰されて、死んだままさ。だがオレの意識は、あの監獄の量子コンピューター(ゲー)にコピーされていてな」
「つまり……今のテメーは、身体を持たない幽霊(ファントム)ってコトか?」

「多少は成長したらしいな、プリズナー。そう言うこった」
 ターコイズブルーのサブスタンサーの周りに、4匹の青白い炎を纏ったヘビが群がる。

「お前の能力、このテスカトリポカ・ウィツィ・ロ・ポトリが、見極めてやろう」
 ギムレットのサブスタンサーは、槍を構えて突進して来た。

 前へ   目次   次へ