ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

一千年間引き篭もり男・第08章・40話

情報の共有

「おじいちゃんが、行方不明なんですか!」
 栗毛の少女が、叫んだ。

 彼女の背後には、真珠色の巨大イルカ(アフォロ・べーナー)が、岩に囲まれたドッグに停泊していて、整備を受けている。

「そ、そうだよ。もう何日も、行方知れずなんだ」
「アンタ、オヤジの仲間なんだろ。知らなかったのかよ」
「ところでアンタ、名前はなんて言うんだ?」

 彼女の前には、シエラ、シリカ、シーヤ・ムラクモの3人の少女が立っていた。

「わたしは、世音(せのん)・エレノーリア・エストゥード。セノンって呼んでください」
 栗毛の少女は、自分の名前を名乗る。

「そっか。アタイらは、群雲 宇宙斗とチピリ・サントスって母親の娘でさ。アタイは、長女のシエラ」
「シエラですか。でも貴女たちが、おじいちゃんの娘って本当なんですか?」

「アタイは、シリカ。本当だよ、ちゃんと遺伝子検査をしたからね。アタイらの父親は、紛れも無く群雲 宇宙斗さ」
 セノンの質問を、3姉妹の別の少女が答えた。

「アタイは、シーヤだ。アンタに聞けば、オヤジのコトも少しは解るって期待したんだケドな。こりゃ、望み薄だぜ」
 軽口を叩く、シーヤ。

「ゴメンなさい、わたしは何も聞かされてません」
 ペコリと頭を下げる、セノン。

「イヤ、アンタが謝るコトじゃ無いよ」
「オヤジは、アタイらを助けようとして消えちまった」
「だから今度は、アタイらが助けてやんねェとなって、思ったんだ」

 3姉妹の末っ子であるチピリ・サントスの遺した、3人の娘たちはセノンの前を立ち去ろうとする。

「悪いな、少し待ってくれないか」
 1人の少女が、3人を呼び止めた。
彼女は、サファイアブルーの短髪に、ターコイズブルーの瞳をしている。

「ま、マケマケ。もしかして、マケマケは……」

「スマンな、セノン。宇宙斗艦長が行方不明になったコトは、知らされていた」
 呼び止めた、真央=ケイトハルト・マッケンジーは答えた。

「ど、どうして、黙ってたの。ヒドいよ!」
「お前に言ったら、またおじいちゃんを探しに行くとか、言い出すだろ」
「そりゃ……そうだケド」

「だから、ある程度の情報が集まるまでは、秘密にってコトになった……」
 水色のセミロングの髪に、青緑色の瞳の少女が話を進める。

「ゴメンね、セノン。でも、何日か待っても、手がかりらしい手がかりは無かったんだ」
 茶色いドレッドヘアに褐色の肌、太い眉にモスグリーンの瞳の少女が話を閉じた。

「ヴァルナ、ハウメアも、知ってたんだね……」
 哀しそうな顔を浮かべる、セノン。

「けっきょく、アンタらも手がかり無しかよ」
「セノーテの底で、サブスタンサーごと消えちまったって話だモンな」
「じいさん達がいくら探索しても、なにも出て来やしねェし」

「おじいちゃんは、セノーテの中で消えたの?」
 シエラ、シリカ、シーヤの3姉妹に、逆に質問するセノン。

「ああ。アタイらは最初、オヤジをセノーテに誘ったんだ」
「まあなんつぅか、一応は親子だしよ」
「セノーテで一緒に泳ぐのも、イイんじゃないかってコトになってさ」

「そしたら泉の底に、ナゼだか化け物が潜んでやがってよ」
「水底からいきなり、真っ白な髪が伸びて来てさ」
「アタイらは足を掴まれて、引きずり込まれそうになったんだ」

「オ、オイオイ。急にホラー展開かよ」
「ちょっと恐い……」
「それで、どうなったの?」

 真央たち3人娘も、探偵側に周た。

「アタイらは、気を失っちまったから、聞いた話にはなるよ」
「オヤジが、サブスタンサーに乗って戻って来てくれて、助けてくれたんだ」
「プリズナーってのが、アタイらを地上に引き上げてくれたんだケド……」

「おじいちゃんは、そこで行方不明に……シリカたちの足を掴んだ、白い髪ってなにかな?」
 セノンの問いかけに、3姉妹は答える。

「なにって……水底に、サブスタンサーが潜んでいたらしいんだ」
「なんでも、時の魔女の手下って言ってたぜ」
「アタイらには、なんのコトかサッパリなんだケドね」

「と、時の魔女ですか!?」
 セノンは、真央たち3人と顔を見合わせる。

「時の魔女が、絡んでやがったのかよ」
「また、火星での惨劇が……」
「悪いんだケド、もう少し互いに情報を交換したいんだ」

 ハウメアの提案に3姉妹は納得し、少女たちは互いに持っている情報を出し合った。

 前へ   目次   次へ