ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

一千年間引き篭もり男・第08章・26話

外縁の宇宙

「幻覚なのか、本物の宇宙空間なのか……見分ける方法は、ありますか?」
 メルクリウスさんに、伺いを立てるボク。

 ケツァルコアトル・ゼーレシオンの周囲は、360度全てが宇宙空間であり、大気のある地球よりも遥かに多くの星々が輝いていた。

「もしこれが本物の宇宙空間であれば、ここが宇宙のどの位置か解るかも知れません」
「そ、そうですね。近くに、惑星でもあれば見つけ易いんですが」
 ボクは、ゼーレシオンのセンサーアイと高性能な触覚で、周囲を探る。

「艦長、座標が解りましたよ。どうやらここは、海王星や冥王星の公転軌道に近い空間のようです」
「そ、そんなコトが。あの一瞬で、太陽系外縁の惑星軌道まで、飛ばされたって言うんですか?」
 余りの事象に、慌てふためくボク。

「間違い無いと、思いますよ。ちなみに、あの小さな点が太陽です」
「ア、アレが……太陽?」
 赤い、小さな点にしか見えない太陽。

「冥王星の公転軌道ともなれば、あんなモノでしょう。他にも、この辺りの軌道を通る小惑星などもありますが、どうやら近くに大きな天体は、浮かんでいないみたいですね」
 いつにも増して冷静な、メルクリウスさん。

「よく、冷静でいられますね」
「いいえ、興奮してますよ。だってここは、宇宙探検家だったプルートーやプロセルピナなど、人類でも脚を踏み入れたのは数名と言う、未知の空間ですからね」

「ですが、例えツィツィ・ミーメを倒せたとして、どうやってここから帰るのですか?」
「言われてみれば……帰る方法が、思い当たりません」

 まるでコメディのような答えが、返って来た。

「ウカツにツィツィ・ミーメを、倒すワケには行かなくなりましたね」
「だからと言って、すんなり従うとも思えませんが」
 宇宙空間に浮かぶ、異形のアーキテクター。

 真っ赤なドレスから伸びた、肋骨で構成された下半身を長く伸ばして、襲い掛かって来た。

「クッ、ブリューナグ!」
 咄嗟(とっさ)に光弾を放つが、すでに発生させてからかなりの時間が経過していたため、数本の肋骨を破砕した程度で消滅してしまう。

「まさか宇宙戦を強いられるなんて、思っても見ませんでしたよ。だけど水の中よりは、遥かに動きやすい。これで、ダメージを与え続ける!」
 フラガラッハを抜き、ツィツィ・ミーメに対抗するゼーレシオン。

「宇宙空間では、元素すらまばらにしか存在しませんからね」
 メルクリウスさんのテオ・フラストーが、援護を買って出た。

「まずは、下半身から攻撃してみます」
「ええ、気を付けて下さい」

 赤いドレスから伸びた蛇のような下半身の、肋骨1本1本が独立した意思を持っているかのように、ケツァルコアトル・ゼーレシオンに攻撃を仕掛けて来る。
けれども、全てを斬り裂く剣には太刀打ちできず、宇宙空間に残骸(デブリ)として散って行った。

「やりますね、宇宙斗艦長。上半身には髪の毛意外に、脅威になりそうな装備は無さそうです」
「ゼーレシオンで、上半身に突っ込みますから、援護を!」
「了解ですよ、艦長」

 白い髪の毛が長く伸び、宇宙空間に五芒星の如く広がって、ゼーレシオンを捉えようとする。
けれども、テオ・フラストーのガントレットから発射される光弾が、髪の毛を破砕して行った。

「ナイス、メルクリウスさん。これで、アレの懐(ふところ)に、飛び込める」
 ゼーレシオンは、髪の毛の攻撃をかい潜り、ツィツィ・ミーメの細い胴体の前に到達する。

「フラガラッハ!!!」
 全てを斬り裂く剣が、胴体を真一文字に一閃した。

「やりましたね、艦長」
 僅かに女性らしいフォルムを残す胴体が、左右に切り開かれる。

「な、なん……で?」
 ゼーレシオンのセンサーアイが、胴体の内部の様子を鮮明に捉えた。

「ど、どうしたんです、艦長」
「ひ、人が……人が、乗っているんです」
 ツィツィ・ミーメの胴体内部にはコクピットがあり、その中には女性らしき人の姿があった。

「アーキテクターでは無く、サブスタンサーだったと言うのですか」
「そ、そんなコトは、どうだってイイんです。なんで、貴女が……」

「一体、誰が乗っていたと言うのです?」
 テオ・フラストーが、ゼーレシオンの隣に並ぶ。

「ミ、ミネルヴァ!?」
 大きな声を上げる、メルクリウスさん。

 コックピットには、死んだハズのミネルヴァさんが乗っていて、ボクを見つめていた。

 前へ   目次   次へ