ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

この世界から先生は要らなくなりました。   第08章・第45話

f:id:eitihinomoto:20200806163558p:plain

カノン(追奏曲)の調べ

「とにかくこの曲の間だけでも、何事もなく終わってくれよ」
 祈る思いで、タリアたちのステージを見守るボク。

 タリアらしい力強い歌声と、それを追うカタチで、アステたち7人の少女の可憐な歌声が、交互にライブ会場に響き渡る。

「確か、カノン(追奏曲)とか呼ばれる曲調だよな……っと、それどころじゃ無かった」
 ボクはできる限り、ステージの辺りを凝視し警戒した。

 緊迫感溢れるカノン調の曲が流れる中、ライブ会場の天井から飛行物体が降りて来る。

「ドローン……しかも、1機だけ?」
 ハデで完璧を追求する、レアラとピオラの演出としては、普通のドローン1機では物足りない。
しかも、4つのプロペラで飛ぶ本体の下部には、銃らしきモノが装備されていた。

「久慈樹社長、アレは演出では無いですよね!?」
 不審に思ったボクは、久慈樹社長の方を見る。

 ファンたちの熱狂で、答えは返って来なかったが、その表情がすべてを物語っていた。

「まさかこれも、襟田 凶輔(えりだ きょうすけ)の仕業なのか!?」
 席を立ち、ドローンを捕獲しようと試みる、ボク。
けれども、久慈樹社長に腕を捕まれた。

 冷静になってみるとボクには、遥か上を飛ぶドローンを捕獲する手段が無い。
久慈樹社長にしていみれば、下手に騒ぎ立てて会場がパニックになるのを、恐れての行動だろう。

「で、でも、ドローンがッ!」
 黒いフレームのドローンは揺ら揺らと、タリアやアステたちが歌うステージに、近づいて行った。

 ~その頃~

 ユークリッドのライブステージにホド近い、裏路地にあるマンガ喫茶。
その2階の狭い個室の、薄汚れたパソコンモニターの前。

「ククク、コイツらだ……」
 1人の少年が右手1本で、とてつもないスピードでキーボードを打っていた。

「コイツらが、ボクの人生を狂わせやがった!」
 モニターには、華やかなライブステージのストリーミング動画が映っている。

「ボクに全ての罪を被せて、逃げたヤツら……ボクを見捨てた親や、弁護士……許さない……許せるワケねェよな」

 薄暗い個室で、ブツブツと小声で呟く少年。
もう片方の手には、機器を遠隔操作する大きなリモコンが握られていた。

「まずは、お前らだ。お前らが訴えなきゃ、ボクが捕まるコトも無かったんだ。ネットにアップしてやったお前らの動画を見て、喜んだスケベどもは捕まらずに、ボクだけ捕まるなんてどう考えてもおかしいよな……なあ、なあ!」

 少年が、左手のリモコンのレバーを倒すと、モニターの映像の中の少女たちも、大きくなって行く。

「ネットってのは、便利だよなぁ。ネットで注文すれば、パソコンだろうとスマホだろうとメシだろうと、世界中どこからでも、持って来るんだ、スゲーだろ」

 モニターの置かれたテーブルの下には、汚れたリュックがあった。
リュックのサイドポケットには、スマホが何台か詰め込まれていて、その隣には袋に入ったハンバーガーと、牛丼の持ち帰りパックが置かれている。

「銃のパーツだってなァ、抜け道なんざ、いくらでもあんだぜ。改造の仕方だって、ネット探せば落ちてんだ。警察のアホどもが消そうが、幾らでも湧いてくるんだ」
 少年が喋りかけても、モニターの中のアイドルは彼をまったく無視して、笑顔で歌っていた。

「タリアー、かっけー」
「アステー、カワイイ、最高ー!」
「プレー・ア・デスティニー!!」

 ライブ会場のいたるところから、響く歓声。
舞う1機のドローンは、その間にもステージの数メートル先まで来ていた。

「明らかに、なにかしようとしている動きだ」
「待ちたまえ、キミが行ったところで、もう間に合わない」
 会場のファンの1部も、それに気付き始めたのか、ざわめきが広がって少しの会話なら可能となる。

「でも……ホントに、なにかあった後じゃ遅いですよ!」
 ボクは、久慈樹社長の静止を振り切って、ステージに向け動き始めた。

「ス、スミマセン。通して下さい!」
 カノン調の曲が流れる、巨大なライブ会場。
けれどもファンが満載の会場は、ボクの行く手を阻む。

「アハハハハ、これで、ジ・エンドだ!!」
 モニターを見ながら、マンガ喫茶の個室に居た少年は、リモコンのトリガーを引いた。

 前へ   目次   次へ