ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

キング・オブ・サッカー・第五章・EP014

f:id:eitihinomoto:20191113233812p:plain

プロ意識

「まさかマイクロバスを買っていたとは、驚かせてくれるじゃねえか、雪峰」
 ボクの後ろの席に座った紅華さんが、ボクの席の背もたれに長い脚を掛けながら言った。

「しかもこれ、120万で買えちゃったんだろ。安すぎじゃね?」
「元は、部活用の送迎バスやろ。中古の相場は知らんが、かなりの年代モンちゃうか?」
 うん、ボクもそう思う。

「イヤ。製造は10年前だから、そこそこ新しい。内山さんのご厚意もあるが……」
「あるが……?」

「元のオーナーが、いわゆるイタ車に改造してしまってな」
「イタ車ってぇのは、イタリアの車じゃない方のだよな?」
 痛車……アニメやゲームの、可愛い女の子がイッパイ描いてある車だよね。

「元は美少女ゲームのキャラが、ボディ全てに大量にプリントされていたらしい」
「マ、マジかよ。マイクロバスを痛車にするヤツなんて、始めて聞いたぜ」

「中古買取の依頼があって、新潟まで足を運んだらこの車だったそうだ」
「う、内山さん、さぞや唖然としたろうな……」
「プリント引っぺがすだけでも、骨が折れるで」

「査定20万で相手を納得させて、名古屋まで帰って来たとのコトだが、信号で停まる度に他のドライバーからガン見されたらしい」

「あのお爺ちゃんが、マイクロバスの痛車乗ってりゃ……」
「そりゃ、ガン見もされるわな」
 並んで座っていた黒浪さんと金刺さんも、顔を見合わせる。

「ところでよ、雪峰。相手はどんなチームなんだ?」
 紅華さんが、隣に座った雪峰さんに問いかけた。

「狩里矢を本拠とするチームでな。企業チームから独立して地域リーグ1部で活躍する、プロリーグ入りを目指す名門だ」
「確か全国地域リーグにも、参戦してたチームだよな。いきなりハードル高くないか!?」

「怖気づいたね、紅華?」
「そ、そんなんじゃねェケドよ」
 セルディオス監督に指摘され、憮然とする紅華さん。

「お相手さんは1部で、ウチは2部なんやろ?」
「まだ正式に、加盟申請が通ったワケじゃないがな」
「ですが倉崎さん。今年中の公式リーグでの対戦は、無いのは確かですよね」

「でもね、金刺、柴芭。ウチの目標がトップリーグ昇格なら、いずれは倒さなきゃいけない相手ね」
 今日のセルディオス監督、やけに積極的だ。

「だけどオレたち、まだ高校1年っスよ」
「相手は何年も、地域リーグで戦っている名門……」
「技術も基礎体力も違うし、勝てる気はしないんですが」

 海馬コーチが乗せて来た、紅華さんの元チームメイトからも不安の声が上がる。

「年齢なんてピッチに立てば、なんの言い訳にもならないね」
「まあ、そりゃそうだわな」

「オ、オイ、紅華」
「オレは倉崎さんから、金貰ってサッカーやってる。プロならよ、やっぱ勝たねえとな」

「紅華。ワタシ監督だケド、この根性無したちのプレイ、見たコト無いね」
「こ、根性無しって!?」
「い、いきなり何だよ、失礼な」

「サッカーは11人でやるね。最低でも、3人はスタメン使う必要あるね」
 え、えっと、雪峰さん、紅華さん、黒浪さん、杜都さん、柴芭さん、金刺さん、それに海馬さんと……あッ、一応ボクも入ってる!?

「そうっスね。ちなみにポジションは?」
「アナタたち、ナゼかみんな中盤ね。出来るなら、ディフェンスライン3人とかどうね?」

「だったら、龍丸、野洲田はセンターバックとして、かなり良いモン持ってますね」
「あと1人はどうするかね」

「だったら最近、亜紗梨のヤツが伸びてますよ」
 運転席の方から、いきなり声がした。

「海馬の言葉、信用していいね?」
「ちょっと、そりゃ無いでしょ、セルディオスさん!?」
 確かに酷い。

「オレが居た頃は、亜紗梨ってあんまパッとしない印象だったっスよ。堅実なプレイなら、中盤ではあるケド、汰依、蘇禰、那胡の方が……」


「中盤のプレーヤー、いきなりコンバートして勝てる相手じゃないね」
「亜紗梨も、ポジションはキーパー以外ならどこでもこなせる反面、器用貧乏なイメージがありますよ。それにメンタル面でも、今挙げた三人の方が上って言うか」

「亜紗梨が一番成長したと思えるのは、そのメンタルなんだよ」
「ええッ、そうなんスか。全然想像付きませんケド」
「まあ、理由は単純なんだがな」

「仕方ないね。ここは、コーチの見る目を信用してやるね」
「オレの扱い、あんまりじゃない!」
 運転席から、海馬さんの悲痛な叫びが聞こえる。

「お前ら、いよいよだぞ」
 最前列に座っていた倉崎さんが、立ち上がって言った。
マイクロバスの前面ガラスに、こじんまりとしたスタジアムが映し出された。

 

 前へ   目次   次へ