ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

キング・オブ・サッカー・第四章・EP010

f:id:eitihinomoto:20191113233812p:plain

潜在能力(ポテンシャル)

 体育館の外では、相変わらず雨が降り続けていた。

 倉崎さんに、そんな想いがあったなんて……。

「オレたちが、倉崎さんの理想のチームの一員だと言うのなら、光栄ですが……」
「ン、どうした、雪峰?」

「オレたちの実力は、そこまでのモノでしょうか。少なくとも……」
 仁王立ちの男の方を見る、デッドエンド・ボーイズのキャプテン。

「フン……お前たちが、この三木一葬より実力があるとは思えんが?」
 悪鬼でも睨みつけるように、倉崎さんを睨みつける葛埜季さん。

「オレの弟のやっていたゲームは、妙にリアルでな。優秀な選手は契約金が高く、立ち上げたばかりのチームでは見向きもされないだろう……と言っていた」

「それ、ゲームがリアルと言うより……」
「倉崎さんの弟さんが、現実主義者(リアリスト)なのだろうな」

「ま、そりゃそうだわな。お前がチームを立ち上げるっつったところで、本気でお前のチームに加わろうとは思わねえしよ」
 ヤンキー座りの男が言った。

「プロから誘いを受けているオレたちが、それを蹴ってお前のチームに加わる可能性は無いな」
「はっきり言ってくれるな、宝木。だが現実問題として、それは事実だった」
「高校3年のオレたちは言うに及ばず、1年や2年であっても、有力選手との契約は厳しいだろうね」

「それで集められたのが、オレたちですか……」
 雪峰さんの表情が曇る。

「陸上界じゃ名の知れたオレさまも、サッカー界隈じゃまだまだ無名だかんな」
「士官学校(防衛高校)志望だった自分などは、完全に無名であります!」
「オレも勉学に専念しようと、サッカーは辞めようと考えていた……」

「ケッ、何かと思えば、ただのガラクタの寄せ集めじゃねえかよ」
 言われてみれば、勇樹さんの言う通りだ。
自分の高校のサッカー部にすら入れなかったボクなんか、究極のガラクタだよね。

「フッ、オレの弟のスカウト眼を舐めるなよ、勇樹」
「アン、なに言って……」
「確かに現時点で、コイツらの実力はお前たちより劣っているだろう」

「解かってんじゃねえか」
「だが数年後には、お前たちの実力を超えていると、オレは考えている」
「ハア、寝ぼけてんのか、お前は!?」

「……なッ、く、倉崎さん!?」
「それはちょっと、言い過ぎなんじゃねえかな?」
「じ、自分に、そこまでの力は……」

 フィールドプレイヤーなのにゴールキーパーやってるボクなんか、どうなるんだァ。

「オレはそうは思わんぞ」
「コイツら自身が、そう言ってるのにか?」
「ヤコブは、彼らの内に潜むポテンシャルの高さを見抜いていた」

 ボクたちの……潜在能力(ポテンシャル)の高さ?

「実際にあってみて確信したよ、勇樹」
 再びサングラスをかけ、余裕の表情を浮かべる倉崎さん。

「ずいぶんな自信じゃねえか、倉崎」
「ならば彼らの実力、次の試合で試してみるとしましょう」
「手加減など一切せず、完全なる実力を持って粉砕してくれるわ」

「ああ……頼むわ、葛埜季」
「フン……」
 巨漢の仁王さまに率いられ、三木一葬の3人は去って行った。

「……よう、なんかあったのか?」
「お前、今までどこ行ってたんだ、ピンク頭」
「柴芭のヤロウをからかいにな。で、今の三木一葬のヤツらだったよな?」

「そろそろ試合だぞ、紅華。準備しろ」
「へ~い」
 それからボクたちは、準備を終えピッチに脚を踏み入れる。

 対戦相手は、本気モードの三木一葬が率いる、チェルノ・ボグスだった。

「アイツら、やたらと気合入ってんじゃねえか?」
「まあ、色々あったんだよ。ピンク頭」
「だが、ウチも杜都が出られる。万全の体制で臨めるんだ」

「自分は部隊に迷惑をかけてしまった。汚名返上の為にも、全力を尽くす」
「な、なんかお前らまで、気合入ってないか?」
「お前も気合入れろ、ピンク頭!」

 ボクも、気合入れなきゃ。
慣れないキーパーだけど、何としてもゴールを死守する!

 けれども試合は、一方的な展開となる。
ボクのキーパーグローブの先を、何度もボールが通り抜け、スコアボードの片側の数字だけが、何度も加算された。

 終わってみれば、12-0の不甲斐ない数字で、デッドエンド・ボーイズは敗北した。

 

 前へ   目次   次へ