ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~第9章・16話

f:id:eitihinomoto:20190914042011p:plain

黒いカーテン

「誰も居ないわ、兄さん。まさか、オオカミに食べられたんじゃ!?」

「可能性は無くは無いが、あれだけ数を減らしてやった群れが、また戻って来てキノやケイダンたちを襲ったと考えるのも、どうかな」

「そ、そうね。わたし達みたいに、近くで水浴びとかしてるのかも知れないわ」
「オアシスは、あの一カ所だけだろうが……仕方ない。探してみるか」

 サタナトスとアズリーサは、ビバークした辺りを探してみたものの、少年たちの足取りは見つからなかった。

「一旦、オアシスに戻ろう。ここは昼間に居ると、とんでもない暑さになりそうだ」
「そ、そうね」
 髪の色の異なる双子の兄妹は、礫でできた砂漠の荒野を後にする。

「兄さん、砂丘の向こうの空が、なんだか黒いわ。嵐かしら?」
「砂嵐かも知れない。ボクたちの村にも稀にやって来るケド、眼も開けてられないくらいだからなあ」

「黒いレースのカーテンがかかってるみたい。あれ、村の方角じゃない?」
「ザマぁ無いね。神の生贄にするって口実で、ボクたちを口減らしで始末しようとした天罰だよ」

 サタナトスたちが、砂嵐だと思った黒いカーテン。
それは実は、全く別の現象だった。

「やっぱお水、気持ちいい」
「アズリーサも泳ごうよ」
 オアシスに戻った蒼い髪の少女に、幼く生まれ変わった少女たちがジャレ付く。

「わたし、お魚獲ったんだよ」
「わたしも、わたしもォ」
「んじゃ、さっそく食べよう」

「生で食べちゃダメよ。ちゃんと火を通さないと、お腹壊しちゃうんだから」
 アズリーサは、少女たちが捕まえて来る魚を取り上げ、せっせと串に刺し焚火で焼いた。

「この子たち、泳ぐものお魚を獲るのも、とても上手いわ」
「リザードマンと融合したからだろうね。魚を獲る鳥で漁をする地域があるって聞いたけど、お前はいい漁師になれるよ」

「このコたちは、鳥じゃありません」
「そうだ、そうだ~」
「ま、お陰で食糧問題は、何とかなったかな」

「兄さん、これからどうする。村には戻れないかしら……」
「飢饉の村にかい。口減らしどころか、逆に増えてしまっているんだ。帰ったらどうなるか」
「そう……そうよね」

「しばらくは、ここで暮らそう。幸いオアシスには、水も魚も木の実もある」
「でも、怖い敵が来たりしないかしら?」
「その時は、また頼むよ」

「無茶言わないで!」
「そう怒るなよ」
 サタナトスはアズリーサの隣に座って、恋人のように抱いた。

「このオアシスを支配していたのは、リザードマンたちだろう。そいつらが居なくなったのだから、ここはボクたちの楽園だ」

「そう……ね、兄さん」
 妹は甘えるように、兄の胸に寄りかかろうとする。

「よっと」「うわあッ!」
 いきなり立ち上がった兄に、つんのめる妹。

「もう、兄さんどこ行くのよ!」
「ちょっと、用を足しにね。お前も来るかい?」
「い、行くワケ無いじゃない!」

 サタナトスは、真っ赤な顔の妹を残して、近くの草むらに移動した。
振り返ると彼の妹も、幼くなった孤児たちを引き連れ、草むらに駆けて行く。

「ここは、女だらけの楽園だからな。男のボクが、気を遣うしかない……ン?」
 サタナトスが、低木の脇の茂みをかき分けると、草の影に無数の足跡があった。

「なんだ、これは……小さな靴の足跡?」
 足跡はどれも、砂漠の砂丘の方角に続いている。

「キノやケイダンたちのモノに、違いない。アイツら、アズリーサたちの水浴びを覗いて……」
 足跡を辿って砂丘に登るが、少年たちの姿は見えず、足跡も風に消えた。

「オアシスで起きた惨劇も、アズリーサが起こした奇跡も、目撃したハズだ」
 砂丘地帯の向こうには、サタナトスや孤児たちが育った村があった。

「村の空が……真っ黒だ」
 風が、砂漠の砂を舞い上げる。
黒いカーテンは、濃度を増して村の空一面を覆っていた。

 これは、サタナトスの記憶である。
村のシスターの日記には、孤児たちが行方知れずとなったとだけ、書かれていた。

 

 前へ   目次   次へ