ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

キング・オブ・サッカー・第三章・EP013

f:id:eitihinomoto:20191113233812p:plain

セルディオス・高志

 筋肉で覆われた杜都さんの左脚が、体育館の床を掴む。

「安全確認よォォし、弾込めよォォし、単発よォォし!」
 いつもの意味不明な台詞と共に、右脚が撃鉄のように振り下ろされた。

 杜都さんの、弾丸ロングシュートだ。
コースは開いてるし、これなら……。

「きゃあああああーーーッ!!?」
「うわあああああーーーッ!!」
「いぃやああぁぁーーーッ!」

 放たれたシュートは、体育館の二階通路で観戦していた、八人の女子高生の鼻先をかすめる。
背後の巨大な窓ガラスまで突き破って、ボールは何処かへ跳んで行った。

「弾着、確認……出来ず」
「あ、でもパンツは確認できたかも」
 杜都さんの台詞に被せるように、黒浪さんが呟く。

「ちょっと、どこにシュート撃ってんのよ!」
「殺す気ィ!」
「顔に当たったら、お嫁に行けなくなってたじゃない!」

 紅華さんの連れて来たコたちが、怒ってる。
当然か。
奈央の顔にも当たらなくて、良かった。

「す、すまない。オ、オレは、一般市民の女子を、危険に晒してしまった……」
 杜都さん、メチャクチャ落ち込んでるなぁ。
プレイに、影響出なきゃいいケド。

「オイ、クロ。集中しろよ。フットサルは、アウトオブ・プレイはキックインでの再開なんだ」
「え、マジかよ。サッカーとルール、違い過ぎだろ」

「ゴール前に、隙が出来ているな。ホレ」
 メタボな腹をタップンタップンさせながら、オジサンがボールを蹴り入れた。

「なに簡単に、入れさせてんだよ。試合前に説明さただろうが」
「う、うっせえ、ピンク頭。オレさまが直ぐに、奪い返してやるぜ」
 けれども黒浪さんの猛追の前に、ボールはサイドにパスされる。

「杜都、ボールに行ってくれ。オレは……!?」
 雪峰さんが指示を出すが、杜都さんがあっさりと抜かれた。

「どうやらボクのカード占いが、当たってしまったようですね」
 体育館の片隅で、柴芭さんが倉崎さんに向かって呟く。

「行かんな。サッカーとの違いに戸惑う以前に、チームとして何一つ纏まっていない」
 倉崎さんの見つめる前で、再びボールがゴール前のフォワードに渡った。

「と、止めなくちゃ……これを決められたら、4点差」
 ボクは、オジサンが身体を傾けシュート体制に入ったので、必死に左側に跳んだ。

「一馬、それはキックフェイントだ……」
 背後から、倉崎さんの声が聞こえる。
ボールは、あざ笑うかのようにボクの足元を抜け、右側のネットを揺らした。

「どうやら彼は、キーパーとしては素人のようですね?」
「ああ。残念ながらウチには、1番を背負えるプレーヤーは居ないんでな」
「スーパースターのチームも、まだ発展途上と言ったところですか」

「でも、今のってフェイントだったんスか、柴芭さん?」
「オレたちには、全然解らなかったっス」
「あのメタボ親父が、そんな器用とも思えないっス」

 坊主頭の穴山三兄弟が、口をそろえる。

「発展途上なのは、ウチも同じか」
 占いマジシャンは、カードを左右の腕の間で遊ばせながらため息を付いた。

「シュートを決めたFWのおっさんは、名前をセルディオス・高志と言ってな。プロサッカーリーグができる前のリーグで名を馳せた、日系3世の右利きのプレーヤーだ」

「そう言えばさっきから、やたら上手いとは思ってたんだ」
「今ので、ハットトリックみてーだしな」

「彼はシュート体制に入ったとき、あえて身体を開いて見せた」
「そ、それがフェイントっスか、柴芭さん?」

「ああ。右利きの彼が、身体を後ろに倒してシュート体制に入れば、パー(遠い)サイドを狙っていると思うだろう」
「た、確かに」

「そう思わせておいて、無理やり身体を捻ってニア(近いサイド)にゴールを決めたのさ」
「あの腹で、それをやってのけたってのかよ」
「ある意味、そっちのがスゲー」

 穴山三兄弟は、揺れるビール腹を眺めながら感嘆した。

 

 前へ   目次   次へ