ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

キング・オブ・サッカー・番外編01

f:id:eitihinomoto:20191113233812p:plain

小さな想い

 わたしの名前は、板額(はんがく) 奈央。
今日は幼馴染みの、カーくんこと御剣 一馬との、ある日のお話をしようかなって思います。

「カーくん、今日も遅くなるのかな。最近、ずっとどこか出かけてるよね」
 いつものようにカーくん家のソファーで、ごろ寝をしながらドラマを見ていたわたし。

「昔は小さくて細くて泣き虫で、わたしがイジメっ子から守ってあげたのにさ」
 それは、幼稚園時代の話だった。

「いつの間にやら背も抜かされて、ずいぶんカッコよくなっちゃって……」
 そう言えば今日も、クラスの友達が噂してたなあ。

「御剣くんってさ。カッコいいしクールだし、芸能人みたいよね」
「そうそう。いつも無表情で、物思いにふけってるの」
「知的で、近寄りがたい雰囲気だよね、奈央」

「ふえ。え、ええ……そうね」
「でも奈央って確か、御剣くんと幼馴染みなんでしょ?」
「ウソォ、マジで!?」

「他のクラスのコが、一緒に堤防歩いてるの見たって言ってた」
「どうして言ってくれないかなあ。わたし達、トモダチでしょ?」
「バカね、アンタ。そんなの、決まってるでしょうが」

「あ、そうか。奈央もやっぱ、御剣くんのコト狙ってんだ!」
「ち、違う違う。カーくんって見た目はああだケド、中身はまだ子供なんだから」

「スゲー。カーくんだって」
「やっぱ幼馴染みは、違うわ」
「だ、だから、そんなんじゃないってェ!」

 全力で否定したのに……まあいっか。
液晶テレビには、有名女優の顔が映し出されてた。

「このドラマ、こんなに詰まらなかったかな。再放送で内容知ってるから?」
 そう言えば最近、カーくんのコトを考えるコトが多くなった気がする。

「ふわ~あ。今日はおば様もまだ帰ってないし、これじゃ家に居るのと変わらん」
 もう何週間もロクに、口を聞いて無いんじゃないかな。

「カーくん……」
 その時、玄関ドアが開いた音がした。

「な、奈央。居るの。聞いてよ、奈央ォ!?」
 ルビングのドアも開き、長身の見慣れたイケメンが、ソファの上に倒れ込んで来た。

「ふにゃあああッ、ど、どど、どうしたの、カ、カーくん!?」
 昔のように、わたしの胸に顔を埋め泣きつく幼馴染み。

「それが、倉崎さんってば酷いんだよ」
「く、倉崎さん!?」
 端正な顔(マスク)が、わたしの真上にあった。

「ボクにスカウトばかりさせて、チームで使う気なんか無いんだ」
「い、一体、何の話をしてんの……」
 さらさらとした前髪が、わたしの頬を撫でる。

「ゴ、ゴメン。実はボク、奈央の言うコトを聞かずに、倉崎さんに会ってたんだ」
「倉崎さん……って、前に堤防で会った、ジャージの怪しい人ね」
「倉崎さん、プロのサッカー選手なんだケド、自分のチームを創ろうとしててさ」

 それから、イケメンになってしまった幼馴染みは、わたしにそれまでの経緯を話してくれた。
わたしは何故かホッとしたし、とてもうれしかった。

「そうねェ。カーくんの話だと、どうやら本気でチーム創りをしてるみたいね」
「う、うん。ボクも一応は契約してもらって、お金も貰えるみたいなんだ」

「でもスカウトの仕事ばかり、させられてる……と?」
「そ、そうなんだ……」

「だったら実力を上げて、倉崎って人を見返すしか無いんじゃない?」
「う、うん。そう……だよね」
「それに考えようによっては、スカウトも悪くない気もするわ」

「なんで?」
「だってカーくんってば、極度の人見知りでしょ。克服するいい機会じゃない」
「ボクにはハードル高いんだ。なんとか三人、スカウトできたケドさ」

「ウソォ。自分の高校のサッカー部にすら入れなかったカーくんが、どうやって?」
「ハハ。まあ、色々と……」
 幼馴染みは背丈だけじゃなく、中身も大きく成長しようとしていた。

 

 前へ   目次   次へ