ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

キング・オブ・サッカー・第ニ章・EP002

f:id:eitihinomoto:20191113233812p:plain

河川敷の決闘(デュエル)

 ボクは雪峰さんを伴って、河川敷の練習場に向かおうとする。

 ウチの高校からは近い、河川敷の練習場。
でも、雪峰さんの高校からは、まあまあ離れてるよな。

 ボクが不安を感じながら歩き出すと、雪峰さんは付いて来てくれた。
バスを一度乗り継ぎ、練習場へと向かう。

「フム、河川敷の練習場か」
 隣を見ると、雪峰さんはスマホの地図アプリで、周囲の情報を見ている。

 砂地の練習場には既に、二人の男性が立っていた。
一人はジャージ姿で、サングラスをかけている。
もう一人の髪は、派手なピンク色に染まっていた。

「よう。来たか、一馬」
「オメー、遅せーじゃねえか。お前の学校、この近くの……ん?」
 紅華さんは、ボクに対する文句を途中で止める。

「その後ろに付いて来てんの、誰だ?」
「ま、まさか……雪峰……雪峰 顕家じゃないか!?」
 驚いたのは、倉崎さんだった。

 『コクコク』と、頷くボク。
なんか今回、上手く行った。

「貴方が、倉崎 世叛……ですね?」
「ああ、そうだ。よく来てくれたな」
 倉崎さんは、ゆっくりとサングラスを外す。

「そっか、久しぶりだな、雪峰」
 紅華さんも、二本指を立て挨拶した。
「小学生ンときの、選抜チーム以来……って、覚えてないか?」

「いや、覚えているさ……紅華 遠光」
「マジで、名前まで覚えてんのかよ?」

「ずいぶんと、ドリブルの上手いヤツがいると思ってな」
「まあな。それ程でもあるケドよ」
「だが、ドリブルの効果的な使い方を解っていない、頭の悪いヤツだとも思った」

「何だと、テメー。ケンカ売ってんのか!?」
「別に。真実を言ったまでだ」
 あわわ、二人が険悪な雰囲気に……!

「ならオレと、勝負すっか?」
「フム。最近ボールは蹴ってないが……いいだろう」
 河川敷の練習場で、二人の一対一が始まった。

「ンじゃ、お手並み拝見と行くぜ!」
 紅華さんが、仕掛ける。
ボールを脚で挟んで肩越しに浮かす、トリッキーなフェイントだ。

「あ……」
 雪峰さんの身体が、ボールの行き先にある。

「おわっと!?」
 慌てて身体をぶつけ、ボールをキープする紅華さん。
今のプレーに反則を取る審判も、いるんじゃないかな?

「今のは一馬。ボールの軌道を予測し、相手の動きも読んでのプレーだ」
 ス、スゴイな、雪峰さん。

「油断したぜ。だが、次はどうかな?」
 紅華さんは、シザースとエラシコの連続フェイントを繰り出す。
 ボクとの一対一に、使った技だ。

「脚の動きに惑わされずに、ボールにだけ集中してるな……」
 ホントだ。
雪峰さんは、下がらずに付いて行ってる!?

「だがそれは、お前もやっていたコトだ」
 そう、でも簡単なコトじゃ無かった。
ボールを見るって言っても、身体を使ってボールを隠してくるんだ。

「オラ、抜くぜ!」
 紅華さんはボールを、雪峰さんの視界を遮るように身体で隠す。
……と同時に、左脚でボールを外側に弾いた。

 エラシコだ。
ボールにゴムが付いてるみたいに、外側に弾かれたボールはインサイドで切り返され、内側に戻る。

「いや……雪峰は、これを狙っている」
 倉崎さんが言った。

「……な、なにィ!?」
 紅華さんの表情が変わる。

 紅華さんの左脚が、ボールを内側に入れようとしたしたところを合わされた!
伸びきった見えないゴムが、元に戻らない。

 ボールは、雪峰さんの足元へと転がった。

「これで解かったか?」
 雪峰さんは、学生服に付いた土ぼこりを払いながら言った。
「紅華。お前のドリブルは、無駄が多い。もっと、頭を使え」

「こンの野郎、偉そうに高説を垂れやがって!」
 紅華さんは、ボールを奪いに行く。
雪峰さんは何の抵抗もせずに、ボールを明け渡した。

「なんだ、舐めプ(舐めたプレイ)か?」
「別に……オレは大して、ドリブルは上手くないからな」
「ンじゃ、遠慮なく行くぜ!」

 けれども紅華さんの学生服は、雪峰さんのモノより遥かに汚れていた。

 

 前へ   目次   次へ