ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

萌え茶道部の文貴くん。第七章・第七話

f:id:eitihinomoto:20190808162902p:plain

大盛況

 文化祭・復讐劇は晴天に恵まれ、多くの来客でごった返していた。

「今日はスゴイ人だかりですね、先パイ」
「そうね、フーミン。あの屋台で何か買っていきますか?」
 千乃 美夜美の繊細な指が、一条 明美の屋台を指さす。

「さあさ、よってくアルよ~♪」
「今日は、フルーツ中華マンのお披露目ね♪」
「ピーチマン、マンゴーマン、メロンマンもあるアルよ~♪」

 威勢のいい声で、自慢の中華マンを売る屋台。
大須の出店時より多くのミニスカチャイナ服少女が、呼び込みをしていた。

「じゃあオレは、ピーチマン」
「わたしは、メロンとマンゴーに、マスカットマンを貰おうかな」
「せ、先パイ、そんなに食べるんですかぁ!?」

「毎度おーきにアル~♪」
 一条さんに渡された異色中華マンを手に、ボクたちはプールの方へと向かう。

 プールには浅く水が張られ、水着姿の少女たちがサバイバルゲームに興じていた。
その手には、無骨な軍用ライフル風に改造された『水鉄砲』が握られている。

「あのコたち、めっちゃ気持よさそうだね、フーミン」
「水が張ってあるから、弾切れの心配は無いですしね」
「そっか、なるホド考えたな」

「おっ、姉ちゃんの着てる水着、寒冷地用のスプリッター迷彩じゃね?」
 プールサイドから無精ヒゲのおじさんが、ボーイッシュな女の子に声をかけている。
「お兄さん、ミリタリーマニア?」

「おうよ。姉ちゃん、サバゲ雑誌で取り上げられてたコだろ?」
「まあね。ウチの水鉄砲サバゲ部、普通のサバゲもけっこー強いから」
「それにしてもみんな、マニアックな迷彩の水着着てんな?」

「わたしのデザート迷彩、可愛いでしょ?」
「ウッドランド迷彩のが、お洒落ですよね、伊吹先パイ!」

「やっぱ、夏と言えば洋上迷彩一択っしょ!」
「現代は情報戦の時代。デジタル迷彩がクール」

「こらこら、お前らそんなコトでケンカすんなよ」
「ガハハ、部隊まとめんのも大変だな」
 ボクたちは、そんなやり取りをプールの金網越しに通り過ぎ、校舎の方へと向かう。

「見て見て。あの小さな女の子たちのカチューシャ、丸いのが光ってて可愛いね」
「あっちの男の子たちも、恐竜の粘土細工で喜んで遊んでますよ」
 二つのアイテムとも、出処がどこか検討は付いた。

「あら、茶道部の歴代部長のお二人では、ではありませんか」
 メイド服を着た少女が、恭しくお辞儀をする。

「やあ、御子神さん。今日はフェンシングの出し物じゃないの?」
「残念ですが本日は、可愛らしいお尻はご覧いただけません」

「イヤイヤイヤイヤ……違うから!?」
 メイド流剣道部・部長は、いきなり上映会での出来事を振ってきた。

「アレはたまたま映ったお尻を、橋元のヤツが勝手に編集して……」
「フーミン、言い訳はみっともないよ」
「みっともないです、ご主人様」

「二人とも、もう勘弁してよぉ!」
 一度暴落したボクの株価は、未だに暴落したままの様だ。

「冗談はさて置き……」
 御子神 涼香は言った。
「本日は我が『メイド流剣道部』は、メイドの方をメインにしております」

「メイドの方って、紅茶でおもてなしとか?」
「それもございますが、メイドと一概に言っても、様々な役割や種類があるのですよ」
「へ~、そうなんだ?」

「ハウスキーパーたるわたくしの下に、パーラーメイド、ランドリーメイド、チェインバーメイド、スティルルームメイドと、しっかり役割分担をして、お持て成しをさせて頂いております」

 教室の中には、本気で貴族の大邸宅をを管理できそうな人数の、メイドたちが働く。
紅茶を運んだり、ケーキを取り分けたり、てきぱきとお客さんを接待していた。

「これは……わたしたちも、負けてらんないね」
「そろそろ戻りますか、先パイ」
「ええ、そうね」

 二人は足早に、自分たちのブースへと戻った。

 

 前へ   目次   次へ