ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~第8章・3話

f:id:eitihinomoto:20190914042011p:plain

地下祭壇

「ここが、秘密の入り口ミル~♪」
「異教徒には反応しない、魔法がかけてあるミルゥ~♪」
 バイオレット色の巻き髪に、褐色の肌の四人の少女たちが、地下へと続く秘密の階段を自慢する。

「ボクたちからすれば、異教徒はお前たちの方なんだケド」
「それも、どちらに視点を置くかで変わるのじゃ」

「流石に、人の子供を生贄に要求する魔王の立場には、共感できないわ」
 カーデリアが言った。

「要求はしてないミル」
「人間の信者が、勝手に捧げたミル」

「そ、そうなの?」
「まあこの辺りは、雨も降らず河も湖も干上がってしまっておるでの」

「作物が育たず、やむを得ず子供の命を捧げたってワケかよ」
 やり切れない表情を浮かべる、赤毛の少女。

 ミラーラ、ミリーラ、ミルーラ、ミレーラの四人は、先頭に立って階段を降り始める。
一行もそれに続いた。

「ここが、お前たちの城なのか?」
「城は、もっと降りて行ったとこでござるレヌ」
「マグマの湖の中央に、あり申すレヌ」

 武人の性格を持つ、レナーナ、レニーナ、レヌーナ、レネーナが説明する。
マスカット色のポニーテールの四人は、最後尾を警戒するように付いて来ていた。

「どうやらアレが、かつて『力の魔王』とか『恐怖の魔王』と呼ばれた、『モラクス・ヒムノス・ゲヘナス』の城らしいぜ」
 少女となったシャロリュークの指先には、マグマの湖にそびえる、牛頭の虚像があった。

「足元には気を付けるミル」
「脆弱な人間は、マグマダイブすると一瞬で死んじゃうミル」
 かつて『力の魔王』とか『恐怖の魔王』と呼ばれた少女たちが、注意喚起する。

「イヤ……我らも今は、脆弱な人間なのじゃぞ?」
「そ、そういえばミルゥ!?」
「危うく飛び込むトコだったミル!」

 一行は、地底のマグマ溜りの前にたどり着く。
とてつもない熱気と、硫黄の悪臭がパーティーを手荒く出迎えた。

「ところで、この溶岩湖をどう渡れというのじゃ?」
「心配なっしんぐミル」
「そこの岩陰のボタンを押すと、橋が降りる仕組みでござるレヌ」

 溶岩湖に、巨像へと続く黒い石橋が降ろされる。
一行はその橋を渡って、牛頭の巨人の内部へと足を踏み入れた。

「なんだよ、中はがらんどうじゃねえか」
 巨像に入った一行が上を見上げると、空洞がどこまでも続いていた。

「かがり火が焚かれてるケド、薄暗くて不気味ね」
 カーデリアは、頼りなくなった幼馴染に身を寄せる。

「アレが祭壇だな。黒ずんだ血が、大量にこびり付いている」
「小さな髑髏も大量に、転がっているな」
 真っ白な髪に、褐色な肌の双子姉妹は、髑髏をポンポンと叩いている。

「あまりバチ当たりなコトすんなよ。ネリーニャ、ルビーニャ」
「死霊の神にとっては、こんなの見慣れたアイテムだ」
「お前らとて、動物の肉を食う時、それが死体とは思わんだろう?」

「床は黒曜石に候レヌ」「渋いでござろうレヌ~?」
「像は生け贄の儀式用でござるレヌ~♪」
「子供の悲鳴が漏れないように、人間が設計し申したレヌ」

「邪神や魔王とは、ここまで感覚が違うのか?」
「ま、妾はこれが悪趣味と思えるくらいの感覚は、あるがの」

「確かにルーシェリアの城って、悪の威厳みたいなのがあったよな」
「こ、こりゃ。ヘンんに褒めるで無いわ」
 頬を染めるルーシェリアを、舞人は不思議に思った。

「しかしよォ。ヤツの気配が、全く感じられねェな」
「留守なのか、ココを棄てたのかは知らねえが、この祭壇には居ないみて~だな?」

「でも何か手掛かりが、残されてるかも知れないわ、シャロ」
「そうだな……」
「みんなで、探してみるのじゃ!」

「ところでサタナトスは、どこか『自分の部屋』とか決めてたのか?」
 舞人は軽い気持ちで、八つ子に問いかける。

「究極几帳面なヤツだったから、バリ決まってたミル」
「拙者の城なのに、一歩たりとも入れて貰えなかったレヌ」

「もっとも前は体もビッグで、入りたくても入れなかったミル」
「この部屋にそうろうレヌ」

「な、なんだってェ!?」
 予想に反し、核心を引き当ててしまう。

 

 前へ   目次   次へ