ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

この世界から先生は要らなくなりました。   第03章・第06話

f:id:eitihinomoto:20190817152737p:plain

淡いグレーのスーツ

 十四人もの少女たちの人生……それをボクが先生として教えるコトで、台無しにしているのだろうか?

 単純に勉強を頭に詰め込むだけなら、ユークリッドの教育動画の方が遥かに効率的なのだ。
「それは、いつも思ってますよ。大勢の教師が職を失ったのも、ユークリッドという完全に近い授業動画を流す存在が現れたからですし」

「そうさ。ユークリッドの授業動画は、完璧とは言わないまでも、完璧に一番ちかい授業を提供していると思っている」

 淡いグレーのスーツをラフに着こなした男は、組んだ左腕に支えられた右腕のこぶしの上に、顎を乗せながら言った。

「何を言ってるかわからない年老いた教師や、経験不足で授業を進めるのがやっとの新米教師よりも、よほど的確でわかりやすく説明された授業だよ」

「その新米教師ってのが、ボクだと言いたそうですね」
 ボクは次の台詞まで間を開けたが、ユークリッドの社長は何も返して来ない。


「確かに教壇に立つ以上、新米だとか甘えたコトは言ってられない。ボクの授業が理解できなければ、困るのは生徒たちだ。教師としては失格だと思ってます」

「そうだねえ……」
 久慈樹 瑞葉は、腕を組んだポーズのままクルリと後ろを向いた。

「キミみたいな教師が多ければ、学校教育という既成概念に捕らわれた者たちの牙城も、もう少しは持ちこたえられたのかも知れないね」

 分厚い金属製の箱は、ボクたちを天空まで運ぶかの勢いで上昇する。

「彼らが守ろうとしたのは、理想的な学校教育なのかな?」
 透明ガラスの向こうには、昨日とは打って変わって晴れやかな空が広がっていた。

「彼らが守ろうとしていたのは、ただの既成概念じゃないのか……ボクはそう思ってるんだ」

 容赦がなく辛らつな言葉で、かつての学校教育を否定する久慈樹 瑞葉。

「既得権益とまでは言わない。だが彼らは、学校という時代錯誤なシステムにいつまでもこだわり、それが永遠に続くと思い込んでいた」

「危機感を感じていた教師だって、たくさんいますよ……」
「それはいるだろうねえ」「え!?」

「ただ時代を嘆いてるだけの教師や、何の代替案も示さず反対したいだけの教師……」
 社長の声のトーンが上がる。

「自分たちの不完全な授業を、学校教育とはそう言うモノだからと正当化する、愚かなヤツらが大量にね」
 淡いグレーの背中から、次々に辛らつな言葉が紡がれた。

 確かに今の子供たちから見れば、学校教育はいびつな代物だろう。

「動画で完全な授業が見れるのに、わざわざ解かりづらい授業を受けに、学校に行く必要はあるのかい。子供を学校なんて閉鎖空間に閉じ込めれば、それこそイジメの温床になりかねないだろ?」

 ボクも、かつてあった学校教育というシステムが抱える、最大の問題点だと思っていた。

「確かに以前の学校教育じゃ、イジメはあってはいけないモノとされてましたからね」
 ボクの心は、晴れ渡った空とは裏腹にヒドく澱んでいる。

「イジメを隠ぺいし、無かったコトにしたい校長や学校経営者ども。教育現場で派手なイジメが起きるのを、ハイエナのように待ち構えているマスゴミ連中。学校という古びた欠陥だらけのシステム自体に、問題があると思わないのかい?」

「いいえ……残念ですが、学校が無くなっても、イジメは無くならないと思います」

「そうかもね……」
 ボクの言葉に、小さなため息を付いた淡いグレーの背中は、エレベーターを降りて行った。

「教育者となった以上、イジメなんて存在しないとは……言ってられない」
 エレベーターの透明ガラスの向こうの、冴えない男が呟く。

 頬をはたき覚悟を決めると、ユミアたちの待つ『天空教室』へと向かった。

 

 前へ   目次   次へ