ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

この世界から先生は要らなくなりました。   第02章・第16話

f:id:eitihinomoto:20190817152737p:plain

消え行く職業

 ボクは教壇に立ち、教科書を開き授業を開始する。

「ねえ、先生。はやくどの動画を見るか、指示してよ」
 レノンが言った。

「今日は、何の教科の授業をするのですか?」
 ライアもボクに、質問する。

 教壇の前に並べられた机には、タブレット端末が置かれ、ボクの生徒の少女たちの耳には、イヤフォンがはめられていた。

「そうなるよな。キミたちにとて、学校ってのは動画を見て授業を受ける場所。先生ってのは、どの動画を見るか指示するだけの存在なんだから」

「何を当たり前のコトを言っているのです?」 
「まさか、昔の時代みたいに先生が、授業するってのかよ?」

「そのつもりだ、ライア、レノン。ボクの授業は、ボクが授業を行う。動画はできる限り、使わない方向で行こうと思うんだ」
 すると小さな教室に、ざわめきが広がった。

「先生は、動画よりも完璧な授業が、できると仰るのですか?」
「どうも、ユークリッドの動画ほど、完璧には行かないだろうな、ライア」

「だったら、動画を見て授業を行った方が、効率的です」
 ピンク色の髪を宝石で飾った少女は、ピシャリと言った。

「効率って言うんなら確かにそうかもな。でも、たまには人生、寄り道をするのも大切だと思うんだ。学校ってのは、なにも勉強だけするところじゃないぞ」

「教民法に反対していた、古い時代の教師が言っていた台詞ですね」
 新兎 礼唖(あらと らいあ)は、正義の論理を振りかざす。

「学校は友達を作る場、先生はその為に必要……ですが授業中に先生と交流して、何の意味があるのですか? ロクに自分の強化を教えるスキルすら無い、ゴミに?」
「それは、先生によりけりだろう? ライア」

「その台詞が許されるのは、わたしたちが先生を選べる場合に限ってです。教えるスキルの低い先生に当たった場合、強制的に一年間スキルの低い先生の元で、授業をする羽目になるのですよ?」

「確かに、ライアの言う通りだぜ。一人の先生が教えるのが下手なせいで、クラスの生徒全員が苦労するんだぜ? それはねーわ」
 ライオンのような、金髪少女が言った。

「まあ、現役の生徒目線じゃ、そうなのかもな。だけど、先生って存在が、必要な場合もあるだろう?」
 ボクは、ユークリッドによる動画教育を受けてきた生徒たちに、聞いてみた。


「え? 自意識過剰じゃね?」「いらない……かな?」
 否定的な意見を述べる、レノンとアリス。

「大体、放課になったらさっさと職員室に引き籠る教師に、なんの価値があるというのです?」
 ライアの言葉は論理的で、正確に過去の教育の弱点を突いていた。

「ライアやキミたちの世代だと、小学校くらいまでは昔の教育だった?」
「そうです。それが小学校までで終了して、心の底から良かったと思ってます」
 すると、他の生徒が声を上げる。

「確かに昔なら、先生は必要であったと思います。ですが今は、ネット環境や、動画を再生する環境が整ってます。インフラが整った時代に、大した能力も無い先生に、あえて授業をさせる必要は無いと思います」

 八木沼 芽理依(やぎぬま めりい)が、言った。
彼女は、白い肌にアイボリー色のショートヘアをしている。

「国語や英語ら五教科を中心に、小学校から大学四年まで、一年を通じてすべての授業動画が無料で見られるんですよ? ユークリッドの優秀な講師が、解りやすく教えてくれる動画です。どうして無能な先生の授業を、受ける必要があるのですか?」

 彼女の言葉に、時代の変遷を感じずには居られなかった。
かつて、車の登場で馬車の御者たちが職を失ったように、自動改札の登場で駅の改札から捥ぎりの駅員が消えたように……。

「教師なんて職業も……消え行く職業なのかも知れないな……」

 

 前へ   目次   次へ