ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~第4章・11話

ジェネティキャリパー

 燃え盛る街に、群がるゾンビや、スケルトン。
死霊の王は、配下のアンデット軍団が舞人たち相手をしている間に、長い詠唱を必要とする『高位暗黒魔法』を唱え始めた。

「マズイよ、舞人くん! このままじゃ、とんでもない魔法が来ちゃう。何とか、アイツの詠唱を何とか止めないと……」「で、でも、どうやって!!?」
 蒼い髪の少年は、『闇の魔力を奪う力』でアンデットを無力化するものの、蘇った死体の数が余りにも多かった。

「舞人くん! わたしが甦生魔法を中断して、アンデッドをディスペルするから、キミは……」
「ダメだ、それじゃリーフレアさんが危険になる! 絶対、ボクが何とかするから!」
 けれども言葉とは裏腹に、舞人に策は無く、戦況は悪くなる一方だった。

「ククククク……。これで終わりだ! この街もろとも、闇に消え去れ!」
 死霊の王『ネビル・ネグロース・マドゥルーキス』の髑髏の顔が歪んで、満面の笑みを浮かべる。
宝石の散りばめられた杖に、暗黒物質が集まり、高位暗黒魔法が完成させようとした瞬間……。

「受け取れ! ご主人サマよ!」少女の声が戦場に木霊する。
 すると、舞人の前に一本の『おかしなパーツがゴテゴテ付いた剣』が突き刺さった。
「あッ、あの剣は……あの!?」
リーセシルはそれが、街の露店武器屋や、魔王城で見た剣と同じであることに気付く。

「サンキューな、ルーシェリア! これで行ける。覚悟しな、死霊の王よ!」
 蒼髪の少年は空に舞うと、呪文を完成させる寸前の『黒いローブを着た骸骨』との間合いを、一瞬にして詰め『ガラクタ剣』を振り上げる。

「リーフレアさんや、街のみんなが味わった、苦痛や恐怖を知れッ!! 真っ二つにしてやる!!」
 舞人は剣を一閃した。

 

「ヌオオォォォォーーーーーーッ! ……我が……死霊の王たる我が、こんな人間のガキにィィィーーッ!!?」
 『ネビル・ネグロース・マドゥルーキス』は体を二つに分断され、自らが生み出した青白い炎が燃え盛る、街の闇へと落ちて行った。

「……助かったよルーシェリア。剣を持って来てくれてアリガトな!」
 少年が目を向けた先には、漆黒の髪の少女がいた。
「あ、あうッ!?」少女は、一瞬だけ顔を赤らめたが、直ぐにソッポを向く。

「フン……じゃ。ご主人さまに死なれたら、妾が困るでのォ。この姿のまま、人間の短い一生を終える気など、毛頭無いのでな」「そっか、そっか」
 舞人は、素直で無いルーシェリアの頭を、ポンポンと叩く。

「有難う……舞人くん! 妹が……リーフレアが、目を開けてくれたよ……」
 薄いピンク色の髪の少女が、眼鏡をかけた同じ顔の少女を抱えながら、目に一杯の涙を湛えて舞人に礼を言った。
「うん! 良かった、ホントに」蒼髪の少年は、短くそう答える。

「でもまだ、終わってはいないんだ」舞人は、ボソリと言った。
 残されたアンデットの群れは、主が消えても消滅はせずに、ただ生者の生き血を求めて彷徨い歩く。

 すると城から、『青とシルバー』の兵装と、『黒とオレンジ』の兵装をした、二つの軍に所属する兵士たちがやって来て、アンデッドの駆逐を開始する。
また、アンデッドを土に還す『ディスペル』によって、多くの死者を安息に弔った。
「オフィーリア王国と、フラーニア共和国の軍隊だね」リーセシルが言った。

「とくに青とシルバーの兵士たちは、回復魔法を操れるクレリックや、プリーストの血を引く者が多いようじゃのォ。あちこちで、ケガをした住人の手当てをしておるわ」
「アレは、プリムラーナ・シャトレーゼ様の兵士だね。流石だなあ」
「そ、そ奴は、女か?」「そうだよ。アソセシア一の美女と、評判の女将軍さ」「ムムム……」

 アンデットは駆逐され、真夜中の戦いが終って、辺りには多くの兵士や人々が集まっていた。

「これで焼き出された街の人たちの、回復は任せられる。リーセシルさんも疲れたでしょ? リーフレアさんも、まだ安静にしてた方がいいよ」
「……舞人さん。……貴方は一体……何者なのですか? それに、背中の剣……」
 妹に精彩が無いことを姉は心配したが、妹は息を切らしながらも、舞人に質問する。

「そ、それは……」舞人は、ルーシェリアを見たが、漆黒の髪の少女は目を逸らした。

 

次回・死霊の王の末路

ある意味勇者の魔王征伐~第4章・12話 - ラノベブログDA王