ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~第3章・8話

f:id:eitihinomoto:20190914042011p:plain

グラーク司令官とプリムラーナ将軍

  崖の上には、魔王の城を構成していた瓦礫の山が、大量に積みあがっていた。

「ふ~、やれやれだわ。アンタのマッチョも、たまには役に立つのね~?」
「ウッセーよ、カーデリア! それよか、外の戦況はどうなった? まさか魔物の軍隊にやられて敗走しちまったんじゃ……?」

 クーレマンスは、ヴァカンベル平原で魔物の大群と対峙していた、ニャ・ヤーゴ軍を心配した。
「雪影の別動隊が加わったとはいえ、劣勢に変わりはねェ!」

「心配ね~よクーレマンス。どうやら援軍が到着してたみて~だ」
 シャロリュークの指し示す方向には、装備を『オレンジと黒』に統一した軍隊と、『青とシルバー』に統一した軍隊が展開していた。

「『オフェーリア王国』のグラーク公と、『フラーニア共和国』のプリムラーナ公ですね」
 二つの軍隊によって魔物の大群との戦局は、既に終焉へと向かっていた。

「オフェーリア王国のオレンジ色の鎧は、新規に開発された『人工オリファルコン』の合金って話だぜ。それが一般兵まで装備してるんだから、強いワケだぜ!」

「でも、青い鎧のがお洒落で素敵よ? なんでもフラーニア共和国の銀のチェーンメイルは、魔法を弾き、魔力を増幅されるのよ!」
 何故か、他所の軍の装備で張り合う、カーデリアとクーレマンス。

「オフェーリア王国の軍隊、まるで渦巻きみたいに動いてるよ、シャロ?」
 丘の上から、軍の動きを観察していたリーセシルが、赤毛の英雄に質問する。

「ああ。オフェーリア王国が得意とする戦術で、時計回りに軍を動かして、次々に新手の部隊を戦場へと送り込むのさ。そんでもって、渦の中心にいるのがグラーク公。こんな高等戦術を指揮できるのは、彼くらいのものさ」

「ですが、フラーニア共和国の軍も、負けてませんよ。女性の兵も勇敢に戦ってます!」
 妹のリーフレアも、負けじと言った。

「そうだな。フラーニア軍の特徴は、性別や人種、種族を問わない多様性にある。それそれの陣に個性的な将軍を配するコトから、『宝石を散りばめた様な軍隊』の異名を持つんだぜ」
「それに、軍を指揮されている将軍は、とても綺麗なお方ですね?」

「ああ、アソセシア一の美女とも名高い、プリムナーラ将軍だ」
「シャロ! なに鼻の下、伸ばしてんのよ!!」「お前もアレくらい、色気があったらなイテテッ!?」
 英雄は幼馴染みに腹を、おもいっきり捻られた。

 眼下の戦いは終わり、覇王パーティーは丘を降り、軍隊と合流する。
すると、向こうも気付いたのか、覇王パーティーに声をかけて来た。

「遅れて済まぬ。途中、魔物の大群に待伏せされて、粉砕するのに手間取ったのだ」
 黒とオレンジの軍装の司令官『グラーク・ユハネスバーグ』だった。

「魔王の城が、崩れ落ちるのをみました。流石は誉れ高き勇者『シャロリューク・シュタインベルグ』と、『覇王パーティー』だ。わたしも感服いたしたぞ」
 可憐なる金髪の美女、『プリムラーナ・シャトレーゼ』女将軍が、一同に賛美の言葉を送る。

「いや……それがだなあ。魔王は倒してないんだ……」
 シャロリュークと覇王パーティーは、魔王城での経緯を二人の軍のトップに報告した。

「何と、それは誠か?」「にわかには、信じられません」
 二人の指揮官は、眉間に深いシワを寄せたものの、戦の後で兵士の消耗も激しいこともあって、対処の仕方は『城に帰還した後、軍議を開く』ことで決着した。

「なんとか小領主の軍も、生き残ったみてーだぜ。雪影のヤローのおかげかもな」
「めでたしめでたしってトコかしら? シャロ」
「だが、魔王らしき者は居なかった。それにあの『少年』と『少女』は一体……?」

 赤毛の英雄の抱いた疑問はその後、人間と魔物の戦いに大きく関わるコトとなる。

 

 前へ   目次   次へ