ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~第3章・5話

f:id:eitihinomoto:20190914042011p:plain

赤毛の英雄

 異空間の闘技場に、静けさが戻る。

 隊長が筋肉男の小脇から抜け出し、周りを見渡した。
「部下を……多くの部下を失ってしまった。お前たちの犠牲、無駄にはしない!」
辺りには傷を負った兵士や、命を落とした兵士の亡骸が横たわっていた。

「じゃあ、今度は蘇生魔法だよ」「はい、姉さま!」
 薄いピンク色の髪の双子姉妹は、犠牲となった兵士たちの蘇生を開始した。

「シャ、シャロリューク殿!? 蘇生魔法はかなりの魔力を消費すると聞きます。兵士たちには申し訳ないが、ここは先に進むべきでは?」

「あ~、軍隊の隊長とすりゃあ、そう考えるんだろうがよォ」
 赤毛の英雄は、自慢の赤毛をポリポリ掻きながら面倒臭そうに答える。
仕方なく、カーデリアが再び口添えをした。

「あのコたちの魔力はハンパないのよ。姉のリーセシルは召喚魔法のエキスパートである『サモニング・ビショップ』、妹のリーフレアは、魔力力場の構築のエキスパートの『エレメンタル・ビショップ』なのよ。攻撃魔法だけじゃなく、甦生魔法もお手の物だわ」

 すると、闘技場の魔物の投入門が開き、新たな巨人が姿を現した。
「ま、またミノタウロス!? サイクロプス、ギガンテス、それにヘカトンケイルまで!?」
 再び巨人の群れに、直面する一同。

「今直ぐ、蘇生を中止して、ここを離れるべきでは……!?」
「オレたちは、冒険者なんだ。パーティーのメンバーが減れば、パーティー全員が危機的状況に陥る。ま、助けられるのに助けないって選択肢はねぇだろ?」

「です……が……」けれども隊長は、それ以上の提案を続けることが出来なかった。
「中止する必要なんてね~よ。また少し、遊んでやるかな~?」
 英雄の発する覇気が、それを許さなかったのだ。

 数分後、投入された魔物は全て、灰塵と帰す。
その全てが、赤毛の英雄・シャロリューク・シュタインベルグの持つ覇王剣、『エクスマ・ベルゼ』の炎によって焼かれたモノだった。

「シャロリューク様、兵士たちの……」「蘇生も回復も終ったよ~」
 双子司祭が、甦生し肉体を取り戻した兵士たちを連れてくる。

「シャ、シャロリューク殿! 双子の司祭殿にも、心より感謝を致す!!」
 隊長はこのとき初めて、彼らが真の英雄なのだと実感した。

 強敵を退けた一行は、次の部屋を目指した。
覇王パーティーは、次の部屋でも、更に次の部屋でも死闘を繰り広げる。

「兵士たちが、明らかに成長している。しかも、これ程の短期の間に……」
 ニャ・ヤーゴ軍の別働隊も、覇王パーティーと戦闘を共にする度に力をつけ、オーガやリザードマンなら一人でも倒せるようになっていった。

「確かに双子の魔法使い殿が、回復をやってくれる安心感はあるが……やはり」
 別働隊を率いる隊長は、英雄シャロリューク・シュタインベルグの統率能力の高さに、感嘆と溜め息を同時に漏らす。

 とは言え、ようやく魔王の間らしき部屋を見つけ出し、扉の前に立った時には、覇王パーティーにも疲労の色が有り々々とみえていた。

 

次回・霧の向こうに見えたもの

ある意味勇者の魔王征伐~第3章・6話 - ラノベブログDA王