ラノベブログDA王

ブログでラノベを連載するよ。

王道ファンタジーに学園モノ、近未来モノまで、ライトノベルの色んなジャンルを、幅広く連載する予定です

ある意味勇者の魔王征伐~第3章・3話

f:id:eitihinomoto:20190914042011p:plain

円形闘技場の死闘

 カーデリアの活躍により、入り口付近(エントランス)の魔物を全滅させた覇王パーティーは、次の部屋の扉を開けた。

 そこは部屋と言うよりは円形闘技場(コロッセオ)と呼ぶに相応しく、高い壁が円を描くようにそびえている。
一行のいる中央広場は、観客の入っていない薄暗い観客席に囲まれていた。

「ど、どうして城の中に巨大な闘技場が?」
 隊長の現実的で真っ当な質問に、リーフレアが答える。

「時空が歪められているのです。ここは魔王城なのですから、これくらいのギミックは仕掛けられていて当然なのです」
 それは、知的で見識のある司祭(ビショップ)らしい言葉だった。

「いつも、色んな趣向で迎えてくれるわよね、魔王って。どいつもこいつも、よほどヒマなのかしら?」 カーデリアもリーフレアに同意する。

「ねえ……何かいるよ? カーデリア、リーフレア」 
「ホントですか、姉さま!?」姉の言葉に眼鏡の妹は、漆黒の天井付近を見上げた。
 そこには、赤い二つの光が暗闇から一行を睨みつけている。

「なな、一体何がッ!?」同時に、鼻を突く強烈な獣臭が辺りに漂う。
「やばい、アレは……そんな!!」「ミ……ミノ、ミノタウロスッ!?」

 怯える別働隊の兵士たちの前にそびえ立ったのは、身長三十メートルはあろうかという、雄牛の頭を持った巨人だった。

「しかも、一匹だけではありません。十匹はいますぞ!!」
「そ、それに一つ目のサイクロプスや、無数の手を持ったヘカトンケイルまで混ざっております!」
 隊長や兵士たちは、その場で腰を抜かしてしまう。

 牛頭のミノタウロスを筆頭にした巨人の群れが、一行に向かって地響きを上げながら迫り来る。
兵士たちにとってそれは、地獄の蓋が開いたような光景だった。

「うわあああああッ!?」「こ、殺される!?」
 狂気をたたえる牛頭巨人の、血溜まり色の瞳が光った。

「攻撃して来るぞ!」クーレマンスは叫ぶと同時に、隊長を小脇に抱えて跳ぶ。
 その瞬間、ミノタウロスが手にした巨大な戦斧が、地面に向けておもいきり叩きつける。

「ぎゃああああああーーッ!」「うげああああぁぁぁあッ!!」
 ミノタウロスの一閃は、闘技場に巨大な地割れを深々と刻み、壁までをも破壊した。
砂ぼこりが収まると、避けきれずに犠牲になった何人かの兵士の死骸が、散乱していた。

「すまん。部下たちよ。もはや、何人が犠牲になったのかも解らん」
 ミンチとなりバラバラになった部下たちを前に、肩を落とす別動隊の隊長。

「やれやれ。闘技場でこんなデカ物相手とは、グラディエイターにでもなった気分だぜ」
 抱えられたままの隊長が目をやると、赤毛の英雄は炎の大剣を、背中に背負おうとしている。

 その前には、巨大な三本の火柱が立っていた。

 

次回・リーセシルとリーフレア

ある意味勇者の魔王征伐~第3章・4話 - ラノベブログDA王